伊藤 拓海 イトウ タクミ ITO Takumi 教授

工学部 建築学科

伊藤(拓)研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 建築構造学、鋼構造学
  • 研究分野: 鋼構造学、耐震工学、合成構造

近年の自然災害による甚大な建物被害を経験したことを受けて、従来の耐震安全性だけではなく、損傷や崩壊を前提にした概念として、冗長性、修復性といった新しいキーワードを設計工学に取り入れるための研究をしています。また、従前の建築構造学の枠を飛び越え、生産性、意匠性を意識した構造システムの開発にも取り組んでいます。

研究テーマ

  1. 構造レジリエンス/壊れた建物の再生

  2. 優れた耐震性と制振性を備えた鉄骨建物の開発

  3. 鋼構造の特徴を生かした木質合成構造システムの開発

トピックス

鋼構造物の構造性能と設計法に関する研究を行っています。数理理論、非線形数値解析、各種構造実験を用いて、ランダム外乱下で鋼構造物はいかなる挙動を示すのかについて、多角的なアプローチから解釈することを試みています。

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ