松田 学則 マツダ タカノリ MATSUDA Takanori 教授

理学部第一部 応用化学科

松田研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 有機金属化学/合成化学
  • 研究分野: 遷移金属触媒反応/有機材料化学

有機合成化学は、入手容易な小分子から様々な機能・物性を持つ高付加価値分子を作り出す手法を開発する研究分野です。私たちの暮らしを豊かにしてくれる物質の多くは、有機合成化学の進歩によってもたらされています。また、現代社会において見過ごすことのできない環境・資源・エネルギー問題の解決にも、有機合成化学の果たすべき役割はますます増大すると考えられます。本研究室では、ライフサイエンスからマテリアルサイエンスまで幅広い分野を対象として、有機合成化学に関する様々な課題に取り組んでいます。特に、有機金属化学の立場から新反応の開発、有用物質の創製を目指して研究を展開しています。

研究テーマ

  1. 遷移金属錯体を触媒として用いる有機合成反応の開発

  2. 元素の特性を活かした反応の開発および機能性物質の合成

  3. 不活性結合の活性化に基づく環境調和型分子変換プロセスの開拓

ページのトップへ