栗田 哲 クリタ サトシ KURITA Satoshi 教授

工学部 建築学科

栗田研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 建築構造/耐震工学/鉄骨構造
  • 研究分野: 免制振/最適理論/健全性診断

社会や産業・経済が高度に発達した日本では、地震に対して安全・安心な都市の構築が必要不可欠となっています。大地震であっても被害を最小限に留めて、地震後も生活に支障なく建物に住み続けられることや、企業の業務を継続できることが求められている。この要求に応える技術として、制振や免震の技術が着目されています。制振技術は建物の揺れのエネルギーを吸収するダンパーで揺れを抑える技術で、免震技術は建物をゴム等の柔らかな支承材で支えてゆっくり揺れる様にして地震の揺れとの共振を避ける技術です。当研究室では、鉄骨で造られた建物などを対象として、地震や建物の揺れ方に応じて最も効果的に建物の揺れを抑えることが出来る免制振の技術開発を行っております。また、地震による建物の損傷の有無を診断し、建物の修復の必要度や、地震後も建物に住めるか、業務を継続できるかを自動的に判断する技術の開発も行っております。

研究テーマ

  1. 慣性力の特徴を生かした粘弾性ダンパーを用いた鉄骨系建物の最適応答制御

  2. 構造特性が可変するセミアクティブ免制振システムの最適制御理論

  3. コンクリート充填型鋼管造建物の振動特性の解明と構造ヘルスモニタリング

ページのトップへ