矢口 宏 ヤグチ ヒロシ YAGUCHI Hiroshi 教授

理工学部 物理学科

矢口研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 固体物理学
  • 研究分野: 相互作用の強い電子系を持つ物質の研究

固体物理学は、固体結晶中を舞台とする多彩な物理現象を研究対象とします。これらの現象は、電子等の多数の構成粒子間の相互作用によって生じます。“More is different.”という言葉は、単純な構成要素が多数集まって相互作用することで、原子や電子などの構成要素の個々の性質からは予想も付かないような劇的な振舞いを示すことを表現しており、低温で発現する超伝導などは、そのよい例といえます。

研究テーマ

  1. ルテニウム酸化物スピン三重項超伝導体とその関連物質の単結晶育成と低温物性

    層状ペロブスカイト型ルテニウム酸化物Sr2RuO4は、スピン三重項超伝導体であることが有力視されている。また、ルテニウム金属との共晶体Sr2RuO4-Ruも特異な超伝導性を示す。我々は、Floating Zone法を用いて、Sr2RuO4(およびSr2RuO4-Ru)の純良な単結晶を育成し、それらの超伝導特性について圧力効果などを中心に研究している。

  2. 鉄系超伝導体の単結晶育成と低温物性

    鉄系超伝導体のうちでも11系と呼ばれるものについて、EPMAでの分析等を並行して行いながら結晶育成を進め、低温での物性について研究を行っている。

  3. 半金属の強磁場物性

ページのトップへ