満田 節生 ミツダ セツオ Mitsuda Setsuo 教授

理学部第一部 物理学科

満田研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 物性物理学(実験)
  • 研究分野: 磁性物理学、中性子散乱

物質内のスピン(小さな磁石)が競合して、スピンの安定配置が定まらない(スピン)フラストレーションが生じる場合には、スピンの時空相関が複雑になり多彩な磁気相転移や興味深い基底状態が生じます。このような系は、しばしばスピン以外の自由度を引き込みながら、磁場や応力といった外場に対する高い応答性を示すため、機能性物質の宝庫といえます。われわれは、スピンフラストレーションを基軸とした物質の磁気的、誘電的な性質をマクロな物性測定と相補的に、量子ビーム実験の代表格である中性子散乱により調べています。

研究テーマ

  1. 多重強秩序系における交差相関物性

  2. 1次元量子スピン系における量子相転移現象

  3. 磁気フラストレーション系の磁気相転移、ドメイン成長過程

ページのトップへ