松山 真吾 マツヤマ シンゴ MATSUYAMA SHINGO 助教

薬学部 薬学科

応用薬理学研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)  内線:6752
TEL : 04-7124-1501 (直通)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 2010年 熊本大学 薬学部 創薬生命薬科学科 卒業
出身大学院 2015年 熊本大学 薬学研究科 博士課程 修了
取得学位 熊本大学 博士(薬科学) 課程
研究経歴 2012-2015 熊本大学大学院薬学教育部博士後期課程
代謝性疾患に対する微弱パルス電流の治療効果とそのメカニズムに関する研究
2015 JSPS 頭脳循環を加速する若手研究者海外派遣プログラムの支援を受け留学(USA, Atlanta)
2015 JSPS 学術振興会特別研究員(DC2)
2016 JSPS 学術振興会特別研究員(PD)
2015-2018 米国 Georgia State University, Institute for Biomedical Sciences, Postdoctoral Fellow
細菌感染に対する宿主の自然免疫応答(炎症および粘液産生)の制御メカニズムに関する研究
2018- 東京理科大学薬学部応用薬理学分野 助教
1) 水チャネルAquaporinの新規機能に関する研究
2) 重症喘息患者で認められるステロイド治療抵抗性の粘液産生に関する研究
研究職歴 201504-201508 熊本大学大学院 薬学教育部 遺伝子機能応用学研究室 博士研究員
201508-201803 Georgia State University, Atalanta, GA, US. Institute for Biomedical Sciences (IBMS), Dr. Jian-Dong Li lab Postdoctoral Fellow
201804- 東京理科大学 薬学部応用薬理学研究室 助教
性別
生年月
研究キーワード 気道炎症・粘液産生, 喘息, ステロイド抵抗性, 慢性閉塞性肺疾患, アクアポリン
研究分野
研究課題 アクアポリン水チャネルの新機能に関する研究 重症喘息患者で認められるステロイド抵抗性の気道粘液産生に関する研究
受賞
学会活動
客員教授

トピックス

漢方薬の薬理作用に関する分子薬理学的研究
アクアポリン水チャネルの新機能に関する研究
気道粘液の産生を抑制する新規去痰薬の創製に関する研究

アクセス

ページのトップへ