赤松 允顕 アカマツ マサアキ AKAMATSU Masaaki 助教

理工学部 先端化学科

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/sakaisakailab/
出身大学 2010年 東京理科大学 理工学部 工業化学科 卒業
出身大学院 2015年 東京理科大学 理工学研究科 工業化学専攻 博士課程 修了
取得学位 東京理科大学 博士(工学) 課程
研究経歴 2009-2012 超分子化学
2012-2015 超分子化学, コロイド・界面化学
2015-2017 超分子化学, 有機化学
研究職歴 2009-2015 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS) 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) 研究業務員
2015-2017 スイス ジュネーブ大学有機化学科 博士研究員
2015- 東京理科大学理工学部工業化学科 奨励研究員
性別
生年月
研究キーワード
研究分野 機能物性化学 (コロイド・界面化学、超分子化学)
研究課題
受賞
2019年1月25日
日本油化学会関東支部 若手研究者奨励賞 (公益社団法人 日本油化学会 関東支部)
「刺激で機能が変わる超分子材料の創出とその応用」
2019年1月21日
平成31年度 研究助成 (一般財団法人油脂工業会館)
「アニオン-π相互作用に基づいた分子集合体の形成制御とその機能展開」
2014年9月4日
第65回コロイドおよび界面化学討論会 ポスター賞 (公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会)
「小角中性子散乱(SANS)を用いた光応答性可溶化制御システムの機構解明」
2013年10月7日
第28回高分子学会関東支部茨城地区「若手の会」交流会 最優秀学生ポスター賞 (高分子学会関東支部 茨城地区「若手の会」)
「溶媒書き込み型有機分子メモリの開発」
2012年10月4日
The World Congress on Oleo Science (WCOS 2012) & 29th ISF Congress, poster award (The Japan Oil Chemists' Society)
「Fluorescence Color Tuning by Control of Phenol-Phenoxide Balance with Water Addition for Development of a Volatile and Nonvolatile Molecular Memory」
受賞を全件表示
学会活動
2019年4月23日~2022年3月31日
材料技術研究協会
討論会委員
2018年3月1日~2022年3月31日
高分子学会 関東支部 千葉地域活動若手会
幹事
2017年12月1日~2018年3月31日
日本化学会
第98春季年会 プログラム編成委員(コロイド・界面化学)
2017年4月1日~2018年3月31日
日本油化学会
2nd Asian Conference on Oleo Science (ACOS2017)および第56回日本油化学会年会実行委員
客員教授

ページのトップへ