古谷 昌大 フルタニ マサヒロ FURUTANI Masahiro 講師

理工学部 先端化学科

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)  内線:3644
TEL : 04-7124-1501 (直通)
電子メールアドレス
ホームページURL http://arilab.ci.noda.tus.ac.jp/
出身大学 2003年 東京理科大学 理工学部 工業化学科(現 先端化学科) 卒業
出身大学院 2005年 京都大学 工学研究科 高分子化学専攻 修士課程 修了
2010年 東京大学 工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程 単位取得満期退学
取得学位 東京大学 博士(工学) 課程
研究経歴
研究職歴 2010-2013 東京大学生産技術研究所 準博士研究員
2013-2014 鳥取大学大学院 プロジェクト研究員
201404-201703 東京理科大学 理工学部工業化学科 嘱託助教
201704-201903 東京理科大学 理工学部先端化学科 嘱託助教
性別
生年月
研究キーワード 有機材料化学
研究分野 高分子・繊維材料
研究課題
受賞
2017年4月22日
平成28年度 材料技術研究協会 論文賞 (材料技術研究協会)
「アニオンUV硬化に向けた潜在性硬化剤の分子設計」
2003年12月6日
2003材料技術研究協会討論会ポスター賞奨励賞 (材料技術研究協会)
「光塩基発生基を有する塩基増殖性オリゴシロキサンの合成と光反応性材料への応用」
学会活動
2019年7月~2019年11月
The 3rd International Symposium on Recent Progress of Energy and Environmental Photocatalysis (Photocatalysis 3)
組織委員会委員
2019年6月~2020年3月
日本化学会第100春季年会 会場・総務小委員会
委員
2018年4月1日~2019年3月31日
高分子学会 千葉地域活動高分子若手会
代表幹事
2017年4月~2017年12月
Joint Symposium of The 2nd International Symposium on Recent Progress of Energy and Environmental Photocatalysis (Photocatalysis 2) & The 23rd China-Japan Bilateral Symposium on Intelligent Electrophotonic Materials and Molecular Electronics (SIEMME'23)
組織委員会委員
2015年7月~2015年9月
First International Symposium on Recent Progress of Energy and Environmental Photocatalysis (Photocatalysis 1)
組織委員会委員
学会活動を全件表示
客員教授

ページのトップへ