市原 学 イチハラ ガク ICHIHARA Gaku 教授

薬学部 薬学科

市原研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7121-3618 (直通)
FAX : 04-7121-3618
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/oeh
出身大学 1987年 名古屋大学 医学部 医学科 卒業
出身大学院 1993年 名古屋大学 医学研究科 博士課程 単位取得満期退学
取得学位 名古屋大学 博士(医学) 論文
研究経歴 1990-1995 労働衛生学、有機溶剤中毒についての研究に従事
1996-フロン代替物質の生殖毒性、神経毒性についての研究に従事
研究職歴 1990-1993 名古屋大学大学院医学研究科 博士課程
1993-1998 名古屋大学医学部 助手
1998-2006 名古屋大学大学院医学研究科 助教授
2004-2014 名古屋大学 産業医
2006-2014 名古屋大学大学院医学系研究科 准教授
2014- 東京理科大学薬学部薬学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 親電子性物質、認知障害、オートファジー
研究分野 衛生学・公衆衛生学 (労働・環境衛生学)
研究課題 環境中親電子性物質による認知機能障害におけるオートファジー不全の役割
受賞
2015年11月
日本学術振興会 科研費審査委員 表彰 (日本学術振興会)
「科研費審査委員 表彰」
2000年4月
日本産業衛生学会 奨励賞 (日本産業衛生学会)
「有機溶剤中毒の予防に関する研究」
1982年4月
竹中育英会 奨学生 (竹中育英会)
「竹中育英会 奨学生」
学会活動
2016年6月17日~2018年6月17日
環境ホルモン学会 
評議員
2015年9月29日~2016年1月25日
Managing risk of nanomaterials (MARINA)
学会会長
2015年2月2日~2017年2月1日
Nature Pulishing Group
学会誌及び論文誌の編集者
2014年4月1日~2017年3月31日
日本衛生学会
評議員
2014年4月1日~2017年3月31日
日本産業衛生学会
学会誌及び論文誌の編集者
学会活動を全件表示
客員教授
2004年6月~2010年12月31日
Shanghai Institute of Planned Parenthood Research

トピックス

環境中親電子性物質による認知機能障害におけるオートファジー不全の役割
ナノマテリアルの安全性 Safe by Design
オフセット印刷工程で多発した胆管癌の原因解明と動物モデルの確立
環境化学物質の生殖・発達毒性
有機錫の神経毒性と生体内メチル化による活性化

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ