上村 真生 カミムラ マサオ KAMIMURA Masao 講師

基礎工学部 材料工学科

上村研究室

教員プロフィール

連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL https://www.kamimura-lab.jp/
https://scholar.google.co.jp/citations?user=QIRQ5rQAAAAJ&hl=ja
出身大学 2007年 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 卒業
出身大学院 2009年 筑波大学 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 修士課程 修了
2012年 筑波大学 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 博士課程 修了
取得学位 筑波大学 博士(工学) 課程
研究経歴 ポリマーバイオマテリアルに関する研究に従事
研究職歴 200904-201203 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
201005-201010 米国・ネブラスカ大学メディカルセンター ドラッグデリバリー・ナノメディシン研究センター 訪問研究員
201204-201303 米国・ネブラスカ大学メディカルセンター ドラッグデリバリー・ナノメディシン研究センター 博士研究員
201304-201403 物質・材料研究機構(NIMS) 世界トップレベル研究拠点・国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA) MANAリサーチアソシエイト
201404-201803 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 助教
201404- 国立がん研究センター東病院 外来研究員(兼任)
201504-201903 物質・材料研究機構(NIMS) 外来研究員 (兼任)
201509- 東京理科大学総合研究院イメージングフロンティアセンター (兼任)
201804- 東京理科大学 基礎工学部 材料工学科 講師 (現職)
性別
生年月 1982年8月
研究キーワード 高分子化学、分析化学、バイオマテリアル、メカノバイオロジー、ナノメディシン、バイオイメージング
研究分野 生体医工学・生体材料学 (バイオマテリアル、セラノスティクス、バイオイメージング)
高分子化学 (生体機能性高分子)
細胞生物学 (メカノバイオロジー)
医療系薬学 (ドラッグデリバリーシステム、ナノメディシン)
研究課題
受賞
2019年3月12日
上原記念生命科学財団 研究奨励金 (公益財団法人上原記念生命科学財団)
「近赤外光駆動型ナノマシンによる転移がんの診断と治療」
2018年9月13日
日本分析化学会 奨励賞 (日本分析化学会)
「光応答性マテリアルによるバイオ分析法の開発」
2018年7月11日
高分子論文集 高分子科学・工学のニューウェーブ-2018- (高分子学会)
「高分子複合化近赤外蛍光プローブによるin vivoイメージング」
2018年5月24日
高分子研究奨励賞 (公益社団法人 高分子学会)
「機能性高分子複合化ナノ粒子の設計と近赤外蛍光バイオイメージングへの応用」
2018年4月14日
稲盛財団研究助成 (公益財団法人 稲盛財団)
「多臓器転移がんの4次元追跡を可能とするイメージングナノ粒子の開発」
受賞を全件表示
学会活動
2019年3月1日~2021年2月28日
日本分析化学会
関東支部 幹事
2019年1月7日~2019年11月26日
日本バイオマテリアル学会
第41回日本バイオマテリアル学会大会 運営委員
2018年6月30日~2023年3月31日
日本分析化学会
バイオ分析研究懇談会 運営委員
2018年4月1日~2021年3月31日
日本バイオマテリアル学会
学会誌及び論文誌の編集者
2017年9月1日~2022年3月31日
日本分子イメージング学会
事務局員
学会活動を全件表示
客員教授
2014年6月1日~2020年3月31日
国立研究開発法人 国立がん研究センター 先端医療開発センター 機能診断開発分野 外来研究員
2019年5月20日~2023年3月31日
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 客員研究者
2015年4月1日~2019年3月31日
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 外来研究者

ページのトップへ