今堀 龍志 イマホリ タツシ IMAHORI Tatsushi 准教授

工学部 工業化学科

有機合成化学第一研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/imahori_lab/
出身大学 1999年 東北大学 薬学部 卒業
出身大学院 2004年 東北大学 薬学研究科 博士課程 修了
取得学位 東北大学 博士(薬学) 課程
研究経歴 1999-2001 亜鉛アート錯体による選択的芳香環修飾法の開発研究に従事
2001-2004 有機超強塩基を用いる芳香環直接修飾法の開発研究に従事
2004-2006 不斉ルイス酸触媒、不斉ブレンステッド酸触媒の開発研究に従事
2006-2009 イミノ糖を基盤とする糖関連酵素阻害薬の開発研究に従事
2009-2013 機能性分子触媒の開発研究に従事   
2013-現在 動的分子空間制御に基づく触媒反応制御、機能性分子開発に従事
研究職歴 2003-2004 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2004-2005 日本学術振興会 特別研究員(PD)
200404-200603 シカゴ大学 博士研究員 (Prof. Hisashi Yamamoto)
200604-200703 東北薬科大学薬学部 助手
200804-200909 東北薬科大学薬学部 助教
200910-201304 熊本大学大学院先導機構化学分野 特任助教(テニュアトラック助教、独立研究室運営)
201304-201803 東京理科大学工学部第一部工業化学科 講師
201804- 東京理科大学工学部工業化学科 准教授(現職)
性別
生年月
研究キーワード 有機合成化学、機能性分子触媒化学
研究分野 合成化学 (有機合成化学、機能性分子触媒)
研究課題 刺激応答性動的分子による生命現象制御
自己集積性柔軟触媒反応空間を基盤とする適応型化学反応制御
刺激応答性触媒の開発
受賞
2015年8月
CSJ Journal Selects Vol. 2 (The Chemical Society of Japan(日本化学会))
「Stimuli-responsive Cooperative Catalysts Based on Dynamic Conformational Changes toward Spatiotemporal Control of Chemical Reactions」
2014年10月5日
Chemistry Letters Vol.43 No.10 front cover (The Chemical Society of Japan(日本化学会))
「Stimuli-responsive Cooperative Catalysts Based on Dynamic Conformational Changes toward Spatiotemporal Control of Chemical Reactions」
2014年3月26日
第34回薬学研究奨励財団研究助成 (薬学研究奨励財団)
「持続型有機合成化学を指向する刺激応答性動的マルチタスク触媒の開発」
2012年12月
2012 年有機合成化学協会アステラス製薬研究企画賞 (有機合成化学協会)
「刺激応答性動的分子触媒による動的反応空間構築を基盤とするワンポット多段階有機合成システム開発」
2012年5月
平成 24 年度 有機合成化学協会九州山口支部奨励賞 (有機合成化学協会九州山口支部)
「複合系の触媒機能制御発現を基盤とする効率的有機合成反応の開拓」
受賞を全件表示
学会活動
2019年4月25日~2020年3月31日
日本化学会
日本化学会 第100回春季年会 会場・総務小委員会 委員
2019年2月15日~2020年2月14日
公益社団法人有機合成化学協会
事業委員
2018年2月15日~2019年2月14日
公益社団法人有機合成化学協会
事業委員
2017年12月9日~2017年12月9日
公益社団法人日本化学会
第98春季年会プログラム委員会編成委員
2017年2月16日~2018年2月15日
公益財団法人有機合成化学協会
第二分科会委員
学会活動を全件表示
客員教授

トピックス

刺激応答性分子触媒
刺激応答性医薬品
http://www.rs.tus.ac.jp/imahori_lab/

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ