河合 英敏 カワイ ヒデトシ KAWAI Hidetoshi 教授

理学部第一部 化学科

河合(英)研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/kawaih/index.html
出身大学 1995年 北海道大学 理学部 化学第二学科 卒業
出身大学院 2000年 北海道大学 理学研究科 化学専攻 博士課程 単位取得満期退学
取得学位 北海道大学 博士(理学) 課程
研究経歴 1995-2002 [1.1]パラシクロファンの速度論的安定化とナフタレノファンへの共役系の拡張
2002- 新規超分子モチーフとしてのヒドリンダセン分子の特性研究
2003-2008 特異な構造および結合状態を有する芳香族化合物の合成とその構造・物性の調査
2004-2010 タンパクの高次構造形成に学ぶアロステリック超分子ポリマーの開発
2005-2007 動的シクロファン:新しい分子応答系の提案
2011- 新規水素結合モチーフとしての縮環マロナミドの研究開発
2012- イミン架橋制御により動的挙動と動的平衡を制御するダイナミック分子システムの開発
研究職歴 199804-200003 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
200004-200603 北海道大学大学院理学研究科化学専攻 助手
200604-200703 北海道大学大学院理学研究院化学部門 助手(改組)
200704-201103 北海道大学大学院理学研究院化学部門 助教(改組)
200710-201103 科学技術振興機構 さきがけ「構造制御と機能」研究員(兼任)
201104-201903 東京理科大学理学部第一部化学科 准教授
201305-201803 東京理科大学総合研究機構分子連関相乗系研究部門(兼任)
201904- 東京理科大学理学部第一部化学科 教授
性別
生年月 1972年12月
研究キーワード 有機化学
研究分野 有機化学 (構造有機化学、超分子化学)
研究課題 新規超分子モチーフとしてのヒドリンダセン分子の機能開発
アロステリック制御分子を用いた協同的超分子ポリマーの開発
新しい水素結合ネットワーク素材としての縮環マロナミド:次元制御構造構築とその応用
受賞
2017年6月6日
Synfact of the Month (Thieme Stuttgart)
「Fluorescent, CPL-Active Aza[7]helicenes in Two Steps」
2015年8月10日
CSJ Journal Selects Vol.2 (2015) Hot Article (Award Accounts) (日本化学会)
「Hydrindacenes as Versatile Supramolecular Scaffolds」
2015年8月10日
CSJ Journal Selects Vol.2 (2015) Hot Article (Highlight Review) (日本化学会)
「Hexaphenylethanes with an Ultralong C–C Bond: Expandability of the C–C Bond in Highly Strained Tetraarylpyracenes」
2015年3月15日
Bulletin of the Chemical Society of Japan (BCSJ) Back Cover Article (日本化学会)
「Hydrindacenes as Versatile Supramolecular Scaffolds」
2013年9月7日
第24回基礎有機化学討論会 ポスター賞(受賞者:髙田知伸) (基礎有機化学会)
「トリプチセン縮環マロナミドが形成するチューブ状構造:X線構造解析により明らかになった水素結合様式」
受賞を全件表示
学会活動
2019年6月1日~2019年12月1日
有機合成化学協会
有機合成化学協会 第78回関東支部シンポジウム組織委員
2019年4月27日~2020年4月24日
有機合成化学協会
有機合成化学協会関東支部ミニシンポジウム 実施委員
2019年3月1日~2021年2月28日
有機合成化学協会
関東支部常任幹事
2018年12月1日~2019年5月18日
有機合成化学協会
有機合成化学協会 第77回関東支部シンポジウム組織委員
2018年4月21日~2019年4月26日
有機合成化学協会
有機合成化学協会関東支部ミニシンポジウム 実施委員
学会活動を全件表示
客員教授
2016年6月7日~2016年6月24日
Université de Strasbourg (Invited Researcher)

ページのトップへ