東 達也 ヒガシ タツヤ HIGASHI Tatsuya 教授

薬学部 薬学科

東研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 1991年 金沢大学 薬学部 薬学科 卒業
出身大学院 1993年 金沢大学 薬学研究科 薬学専攻 修士課程 修了
取得学位 金沢大学 博士(薬学) 論文
研究経歴 1995-現在 生理活性ステロイドの臨床分析科学的研究に従事
2000-現在 LC-MSおよびLC-MS/MS用検出指向誘導体化に関する研究に従事
2005-現在 唾液を試料とする無侵襲ホルモン分析に関する研究に従事
研究職歴 1993-1995 日本グラクソ株式会社筑波研究所
1995-1996 金沢大学薬学部 教務職員
1996-2001 同 助手
2001-2003 同 講師
2003-2004 同 助教授
2004-2007 金沢大学大学院自然科学研究科薬学系 助教授
2007-2009 同 准教授
2009-2011 静岡県立大学薬学部 准教授
2011- 東京理科大学薬学部 教授
性別
生年月
研究キーワード 臨床分析科学
研究分野 物理系薬学 (臨床分析科学)
研究課題 〇LC/ESI-MS/MSのハード面の限界を補完する誘導体化試薬・誘導体化法 (ケミカルソフトウェア) の開発 〇唾液,血液ろ紙 (DBS),爪を試料とする被験者フレンドリーなホルモン検査法の開発 〇神経活性ステロイド:内因性ストレス防御因子の分析科学的研究
受賞
2006年3月
平成18年度日本薬学会奨励賞受賞 (日本薬学会)
「誘導体化-LC/MSを基盤とする加齢性疾患関連ステロイドの高感度・精密分析法の開発」
2003年9月
2003年度日本分析化学会奨励賞 (日本分析化学会)
「LC/MS用誘導体化法の開発と生体内超微量ステロイド分析への応用」
学会活動
2018年3月1日~2020年2月29日
日本分析化学会
代議員
2018年1月1日~2019年12月31日
クロマトグラフィー科学会
評議員
2017年9月16日~2019年9月15日
日本医用マススペクトル学会
学会理事等
2014年3月1日~2018年2月28日
日本分析化学会
関東支部常任幹事
2011年4月1日~2018年3月31日
日本医用マススペクトル学会
評議員
客員教授

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ