加藤 佳孝 カトウ ヨシタカ KATO Yoshitaka 教授

理工学部 土木工学科

加藤研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/concrete/index.htm
出身大学 1994年 東京大学 工学部 土木工学科 卒業
出身大学院 1995年 東京大学 工学系研究科 社会基盤学専攻 修士課程 中退
取得学位 東京大学 博士(工学) 論文
研究経歴 1995-2000 コンクリート中の物質移動に関する研究
     コンクリートの高品質製造システムの開発
2000-2002 公共事業における技術評価に関する研究
2002-   コンクリートの高品質製造・施工システム
     コンクリート構造物の耐久性に関する検討
     既存コンクリート構造物の戦略的維持管理に関する研究
     コンクリート産業における持続可能性戦略
     被災した構造物の安全・簡易・迅速復旧工法の開発
研究職歴 - 国土交通省 国土技術政策総合研究所 研究官(独立行政法人化により)
- 国土交通省 土木研究所 研究員(省庁再編により)
1995-2000 東京大学生産技術研究所 助手
2000-2002 建設省土木研究所 研究員
2002-2006 東京大学生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター 講師
2006-2011 同 助教授(2007年4月より准教授)
2011-2016 東京理科大学理工学部土木工学科 准教授
2016- 東京理科大学理工学部土木工学科 教授
性別
生年月
研究キーワード コンクリート工学
研究分野 構造工学・地震工学・維持管理工学 (コンクリート工学,建設材料マネジメント)
研究課題
受賞
2016年10月14日
最優秀論文賞 (社団法人日本材料学会)
「ドリル削孔粉末を利用したセメント硬化体内部のpH推定方法に関する検討」
2006年11月
Asian Concrete Federation Award 2006(Asian Concrete Federation)
「Effect of Mix Proportion and Cover Thickness on Electromagnetic Properties of Concrete Measured by Radar Method」
2006年5月
論文奨励賞 (日本コンクリート工学協会)
「不確実性および材料非均質のリスク評価による検査計画策定方法に関する研究」
2006年5月
論文賞 (日本コンクリート工学協会)
「Development of Simulation Model of Chloride Ion Transportation in Cracked Concrete」
2006年2月
Japan Concrete Institute Excellent paper of the year 2005 by the ACT editorial committee(日本コンクリート工学協会)
「Development of Simulation Model of Chloride Ion Transportation in Cracked Concrete」
受賞を全件表示
学会活動
2020年3月14日~2021年3月31日
公益社団法人 日本材料学会
第20回 コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム 実行委員
2019年10月30日~2021年10月29日
(公社)土木学会
調査研究部門 コンクリート委員会 102規準関連小委員会
2019年8月27日~2021年3月31日
(公社)土木学会
調査研究部門 コンクリート委員会 101示方書改訂小委員会2022
2019年7月9日~2020年3月31日
(一社)セメント協会
セメント・コンクリート論文集編集委員会
2019年7月5日~2021年3月31日
(公社)プレストレストコンクリート工学会
論文審査小委員会 委員兼幹事
学会活動を全件表示
客員教授

ページのトップへ