松田 学則 マツダ タカノリ MATSUDA Takanori 教授

理学部第一部 応用化学科

松田研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/mtd/
出身大学 1997年 京都大学 工学部 工業化学科 卒業
出身大学院 2002年 京都大学 工学研究科 合成・生物化学専攻 博士課程 修了
取得学位 京都大学 博士(工学) 課程
研究経歴
研究職歴 1999-2002 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2002-2007 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手
2002- 科学技術振興事業団 さきがけ研究21「合成と制御」 博士研究員
2007-2008 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助教
2008-2014 東京理科大学理学部第一部応用化学科 講師
2014- 東京理科大学理学部第一部応用化学科 准教授
性別
生年月
研究キーワード
研究分野 有機化学 (有機合成)
合成化学 (有機金属化学)
研究課題
受賞
2008年3月
第22回若い世代の特別講演会 (日本化学会)
「ロジウム触媒による炭素―炭素結合切断反応の合成化学的利用」
2007年8月
OMCOS Poster Prize in Organometallic Chemistry(14th IUPAC Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS14))
「Synthesis of (+)-β-Cuparenone via Rhodium-Catalyzed Carbonylation of Spiropentane」
2005年12月
エーザイ 研究企画賞 (有機合成化学協会)
「ロジウム触媒によるベンジル位不斉4級炭素の構築」
学会活動
客員教授

ページのトップへ