秋津 貴城 アキツ タカシロ AKITSU Takashiro 教授

理学部第二部 化学科

秋津研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)  内線:5775
FAX : 03-5261-4631
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/akitsu/index.htm
出身大学 1995年 大阪大学 理学部 化学科 卒業
出身大学院 2000年 大阪大学 理学研究科 化学専攻 博士課程 修了
取得学位 大阪大学 博士(理学) 課程
研究経歴 1995-2000 無機錯体化学についての研究に従事
2000-2002 蛋白質結晶学についての研究に従事
2002-2007 有機無機複合材料についての研究に従事
2007-2008 生物無機化学についての研究に従事
2008- 無機錯体化学についての研究に従事
研究職歴 2000-2002 大阪大学蛋白質研究所 講師(中核的研究機関研究員)
2002-2007 慶應義塾大学理工学部化学科 助手(助教)
2007-2008
2007-2008 スタンフォード大学化学科 客員研究員(兼任)
2008-2012 東京理科大学理学部第二部化学科 講師
2012-2016 東京理科大学理学部第二部化学科 准教授
2016- 東京理科大学理学部第二部化学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 無機化学、錯体化学
研究分野 無機化学 (錯体化学、物理無機化学)
研究課題
受賞
2018年9月13日
Publons Peer Review Awards 2018 (Publons (https://publons.com/home/))
「Publons Peer Review Awards 2018」
2018年9月4日
'PROFESSOR OF THE YEAR' under the Biomedical Sciences and Engineering Discipline (Specialisation: Biomaterials). (Venus International Foundation)
「Zn(II) complexes for UVA sunscreen (Healthcare Awards)」
2018年6月14日
講演賞 (EuroSciCon)
「基調講演"Oxygen reduction with Schiff base Mn(II), Cu(II) complexes incorporating azobenzene as mediators of laccase in cathode of biofuel cells"」
2014年12月17日
Dr. Radhakanta Kajal Sen Merit Scholarship Award(4th World Science Congress (Jadavpur University))
「(招待講演)Multi-functional Composites of Chiral Schiff base Cu(II) complexes and Titanium(IV) Oxide for UV Protection」
2010年1月28日
優秀講演賞 (International Conference on Green Technology for Greener Environment 2010 組織委員会)
「(招待講演)Chemistry of Metal Complexes with Imidate Ligands」
学会活動
2019年10月5日~2037年12月31日
Edelweiss Chemical Science Journal
学会誌及び論文誌の編集者
2018年11月19日~2018年11月20日
Crystallography Congress 2018
Organizing Committee Member
2018年11月1日~2018年11月4日
The 7th Global Conference on Materials Science and Engineering (CMSE2018)
Reviewer
2018年10月31日~2018年12月8日
2018 2nd International Conference on Mechanical Engineering and Applied Composite Materials
Organizing Committee Member
2018年10月30日~2019年9月18日
International Conference on Material Science and Nanotechnology(ICMSN-2019)
Organizing Committee Member
学会活動を全件表示
客員教授
2009年10月1日~2010年9月30日
Ch. Charan Singh University
2007年9月1日~2008年3月31日
Stanford University, Department of Chemistry
2018年5月29日~2018年6月12日
ストラスブール大学

トピックス

金属錯体、有機無機複合材料、金属蛋白質等の合成、構造ー物性相関

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ