樋上 賀一 ヒガミ ヨシカズ Higami Yoshikazu 教授

薬学部 生命創薬科学科

分子病理・代謝学(樋上)研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)  内線:6535
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.tus.ac.jp/fac/kyouin/kyouin.php?ym/higami
出身大学 1986年 長崎大学 医学部 医学進学課程 卒業
出身大学院 1990年 長崎大学 医学研究科 博士課程 修了
取得学位 長崎大学 医学博士 課程
研究経歴 1986-1990:実験的脳腫瘍発生のメカニズムに関する研究に従事
1990-現在:ほ乳類における老化のメカニズムおよび老化制御、老年病制御に関する研究に従事
研究職歴 1990-1992 米国テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンター生理学教室 ・アシスタントインストラクター
1993-1994 長崎大学医学部病理学第一講座 ・助手
1994-2000 長崎大学医学部病理学第一講座 ・講師
2000-2007 長崎大学医学部病理学第一講座 ・助教授
2001-2003 米国ウィスコンシン大学マディソン校内科学教室 visiting assistant scientist
2007- 東京理科大学薬学部 教授
性別
生年月
研究キーワード 老化、肥満症、健康寿命、脂肪細胞、乳がん
研究分野 環境生理学(含体力医学・栄養生理学) (寿命・老化の制御、肥満症治療薬・代謝改善薬の開発)
研究課題 1. 代謝改善、抗老化、寿命延長作用のあるカロリー制限の分子メカニズム、2. カロリー制限模倣体薬物の開発、3. 肥満症脂肪組織の解析、4. 脂肪細胞、脂肪組織におけるミトコンドリア機能、5. 脂肪細胞、脂肪組織におけるリソソーム機能
受賞
学会活動
2019年4月1日~2021年3月31日
日本基礎老化学会
学会理事等
2017年4月1日~2019年3月31日
日本基礎老化学会
学会理事等
2015年4月1日~2017年3月31日
日本基礎老化学会
学会理事等
2012年4月1日~2015年3月31日
日本基礎老化学会
学会理事等
2010年4月1日~2020年3月31日
日本病理学会
評議委員
学会活動を全件表示
客員教授

トピックス

2020年1月以降、以下の英文論文が研究室から発表されています。
カロリー制限に関する研究
Srebp-1c/Fgf21/Pgc-1α axis regulated by leptin signaling in adipocytes – possible mechanism of caloric restriction-associated metabolic remodeling of white adipose tissue.
Kobayashi M, et al., Nutrients. 2020 Jul 10;12(7):E2054. (IF: 4.210 in 2019/20)

肥満症に関する研究
WWP1 knockout in mice exacerbates obesity-related phenotypes in white adipose tissue but improves whole-body glucose metabolism.
Hoshino S, et al. FEBS Open Bio. 2020 Mar;10(3):306-315. (IF: 2.020 in 2019/20)

Cathepsin B overexpression induces degradation of perilipin 1 to cause lipid metabolism dysfunction in adipocytes.
Mizunoe Y, et al. Sci Rep. 2020 Jan 20;10(1):634. (IF: 4.011 in 2019/20)

がんに関する研究
Nutlin-3a suppresses poly (ADP-ribose) polymerase 1 by mechanisms different from conventional PARP1 suppressors in a human breast cancer cell line.
Kobayashi M, et al. Oncotarget. 2020 May 5;11(18):1653-1665. (IF: 3.710 in 2019/20)

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ