武村 政春 タケムラ マサハル TAKEMURA Masaharu 教授

理学部第一部 教養学科

武村研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL https://www.facebook.com/giantvirusbiology/
出身大学 1992年 三重大学 生物資源学部 生物資源学科・農芸化学コース 卒業
出身大学院 1998年 名古屋大学 医学研究科 病理系専攻 博士課程 修了
取得学位 三重大学 修士(生物資源学) 課程
名古屋大学 博士(医学) 課程
研究経歴 1991-1992 インゲン豆に含まれるα-amylase inhibitorについての研究に従事
1992-2002 核小体タンパク質B23(ヌクレオフォスミン)についての研究に従事
1992-現在 真核生物DNA複製ならびにDNAポリメラーゼについての研究に従事
2001-現在 核の起源に関する分子進化学的、細胞進化学的研究に従事
2006-現在 生物教育の改善・方法論・新規教材についての研究に従事
2015-現在 巨大ウイルスに関する形態学的、分子生物学的研究に従事
研究職歴 1998-2003 名古屋大学医学部・大学院医学研究科 助手
2004-2006 三重大学生命科学研究支援センター 助手
2006-2008 東京理科大学理学部第一部・大学院理学研究科理数教育専攻 講師
2008-2009 東京理科大学理学部第一部・大学院理学研究科理数教育専攻 准教授
2009-2016 東京理科大学理学部第一部・大学院科学教育研究科科学教育専攻 准教授
2016-2017 東京理科大学理学部第一部・大学院科学教育研究科科学教育専攻 教授
2017- 東京理科大学理学部第一部・大学院理学研究科科学教育専攻 教授
性別
生年月 1969年10月
研究キーワード 巨大ウイルス学, 生物教育学, 教材開発, 分子生物学, DNA複製, 生化学, 細胞進化学, 核の起源
研究分野 教科教育学 (生物教育、教材開発、教科書分析)
分子生物学 (DNA複製、DNAポリメラーゼ)
進化生物学 (真核生物、核の起源)
ウイルス学 (巨大ウイルス、核細胞質性大型DNAウイルス)
研究課題 中等教育のための進化学・分子生物学に関する新規生物教材の開発研究
新規巨大ウイルスの探索とその機能・進化に関する分子生物学的研究
受賞
2016年11月2日
科学研究費補助金 審査委員 表彰 (独立行政法人日本学術振興会)
「第一段審査における公正・公平審査への貢献」
2012年12月9日
Best Poster Award(24th Biennial Conference of the Asian Association for Biology Education)
「Origami bird: a teaching material linking mutation natural selection and speciation」
学会活動
2015年1月10日~2016年1月11日
日本生物教育学会
第100回全国大会実行委員長
客員教授

トピックス

(2019.2.)武村を責任著者とする論文が「Journal of Virology」誌にオンライン掲載。
(2019.1.)内山(元客員)が日本生物教育学会奨励賞を受賞。
(2019.1.)武村・D2深谷・D1倉林が日本生物教育学会第103回全国大会に出席し、深谷・倉林が口頭発表。
(2019.1.)武村著『ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!』(さくら舎)が刊行。
(2018.11.)武村がNHK・Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」に出演。
(2018.11.)武村・M1青木が第41回日本分子生物学会年会に出席し、青木がポスター発表。
(2018.10.)武村・PD明石・M1青木が第66回日本ウイルス学会学術集会に出席し、明石がポスター発表。
(2018.8.)武村が日本進化学会第20回大会シンポジウム「ウイルスの生態進化」で招待講演。
(2018.8.)内山(元客員)・武村の論文が「生物教育」誌に掲載。
(2018.7.)PD明石・M1青木が日本微生物生態学会第32回大会に出席し、明石がポスター発表。
(2018.5.)武村がNHK・Eテレ高校講座「生物基礎」に出演。
(2018.3.)武村が日本農芸化学会2018年度大会シンポジウム「食の代謝・進化から迫る生命の戦略」で招待講演。

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ