愼 蒼健 シン チヤンゴン SHIN Chang-Geon 教授

工学部 教養

愼研究室

教員プロフィール

連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL https://sites.google.com/site/sengokagakushi/home
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/e1kyo/staff.html
出身大学 1990年 早稲田大学 理工学部 電気工学科 卒業
出身大学院 1992年 東京大学 理学研究科 科学史・科学基礎論専攻 修士課程 修了
1996年 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系 博士課程 単位取得満期退学
取得学位 東京大学 修士(理学) 課程
研究経歴 2004-2005 研究代表「植民地期朝鮮における東洋医学と西洋医学の相克」(科研費・基盤C)
2005-2009 分担者「日本植民地期の帝国大学の科学技術史的観点からの研究」(科研費・基盤A)
2006-2008 研究代表「植民地期朝鮮における医学研究の歴史的考察」(科研費・基盤C)
2009-2011 研究代表「植民地期朝鮮における治療の社会史的考察」(科研費・基盤C)
2010-2012 連携研究者「近現代の日本における医療の構造変化と歴史の重層」(科研費・基盤A)
2012-2013 研究代表「近代朝鮮医学史研究への日本宣教医療という視点の導入」(科研費・挑戦的萌芽)
2012-2015 「帝国日本のアジア地域における人類学・衛生学調査に関する歴史研究」(日本大学経済学部中国・アジア研究センター・研究プロジェクト)
2012-2015 研究代表「帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究」(科研費・基盤A)
2015-2016 研究代表「近代朝鮮における身体障害者の包摂と排除に関する医学史研究」(科研費・挑戦的萌芽)
2016-2019 研究代表「戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究」(科研費・基盤B)
研究職歴 1996-2003 千葉大学普遍教育 講師(非常勤)
1996-2003 東京工芸大学芸術学部 講師(非常勤)
2000-2001 青山学院女子短期大学教養学科 講師(非常勤)
2002-2003 東京農工大学 講師(非常勤)
2003-2007 東京理科大学工学部第一部教養 講師
2004-2011 早稲田大学教育学部 講師(非常勤)
2004- 明治大学情報コミュニケーション学部 講師(兼任)
2005-2006 同志社大学現代アジア研究センター 嘱託研究員
2005-2006 東京大学教養学部 講師(非常勤)
2006-2007 東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻 講師
2007-2008 東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻 准教授
2007-2013 東京理科大学工学部第一部教養 准教授
2008- 明治大学大学院情報コミュニケーション研究科 講師(兼任)
2009-2013 東京理科大学大学院科学教育研究科科学教育専攻 准教授
2013- 国際日本文化研究センター 共同研究員
2013- 東京理科大学
性別
生年月 1964年8月
研究キーワード 科学史、医学史
研究分野 科学社会学・科学技術史 (科学史、東アジア医学史)
研究課題 戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究
近代朝鮮における身体障害者の包摂と排除に関する医学史研究
帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究
近現代の日本における医療の構造変化と歴史の重層
近代朝鮮医学史研究への日本宣教医療という視点の導入
植民地期朝鮮における治療の社会史的考察
日本植民地期の帝国大学の科学技術史的観点からの研究
植民地期朝鮮における医学研究の歴史的考察
受賞
2009年2月27日
いのちの輝き実践研究奨励賞 (難病のこども支援全国ネットワーク)
「学校現場におけるSMA(脊髄性筋萎縮症)児・生徒の介助に関する調査研究」
学会活動
2019年1月~2019年8月
国際東アジア科学技術医学史学会
第15回国際東アジア科学史会議・国際プログラム委員会委員
2019年1月~2020年12月
韓国近現代史学会
学会理事等
2017年8月~2019年7月
大韓醫史學會
学会誌及び論文誌の編集者
2017年6月~2019年6月
日本科学史学会
学会理事等
2015年8月~2017年7月
大韓醫史學會
学会誌及び論文誌の編集者
学会活動を全件表示
客員教授

トピックス

2015年度~2016年度科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究「近代朝鮮における身体障害者の包摂と排除に関する医学史研究」研究代表(課題番号15K12436)
2016年度~2019年度科学研究費補助金・基盤研究B「戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史的研究」研究代表(課題番号16H03096)

2018.9 ドイツ・テュービンゲン大学
2018.6 玄在煥氏(日韓文化交流金フェローシップ)の客員研究員受入
2018.5 日本科学史学会第65回年総会の開催(東京理科大学葛飾キャンパス)
2018.3.11 科研費・基盤研究B「戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究」研究集会
「味の素の歴史を問い直す」@東京理科大学
2017.11.4 韓国・朝鮮文化研究会第18回研究大会 招待講演
2017.10.15 国際日本文化研究センター・国際研究集会「植民地帝国日本における知と権力」コメント
2017.916 科研費・基盤研究B「戦後日本の海外技術援助・協力に関する科学技術史研究」研究集会
「敗戦後日本の科学論を読み直す」@東京理科大学
2017.6.3 日本科学史学会第64回年会@香川大学
2017.3.25〜3.27 第7回日韓科学史セミナー
2016.10.29〜11.1 韓国ハンセン病施設の調査
2016.10.19 大韓薬学会での招待講演@ソウル

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ