斎藤 慎一 サイトウ シンイチ SAITO Shinichi 教授

理学部第一部 化学科

斎藤(慎)研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/sslab/
出身大学 1991年 東京大学 薬学部 卒業
出身大学院 1995年 東京大学 薬学系研究科 博士課程 修了
取得学位 東京大学 博士(薬学) 課程
研究経歴 1991-1995 超求電子種の化学 (超強酸存在下での求電子種の反応)
1995  有機金属化学(合成反応、ニッケル、パラジウム、白金触媒を
用いる不飽和炭化水素の炭素ー炭素結合形成反応)
1996-1998 超原子価カルコゲン化合物の立体化学に関する研究
1998-現在 有機金属化学、インターロック化合物の化学、有機合成化学
研究職歴 1995- 日本学術振興会 特別研究員(PD)(東北大学理学研究科 山本 嘉則 教授)
1996-1998 富山医科薬科大学薬学部 助手(故 小泉 徹 教授)
1998-2001 東北大学反応化学研究所 助手(山本 嘉則 教授)
2001-2002 理化学研究所 基礎科学特別研究員(若槻 康雄 前主任研究員)
2002-2005 東京理科大学理学部第一部化学科 講師
2005-2007 東京理科大学理学部第一部化学科 助教授
2007-2009 東京理科大学理学部第一部化学科 准教授
2009- 東京理科大学理学部第一部化学科 教授
性別
生年月
研究キーワード 有機化学、有機金属化学、超分子化学
研究分野 有機化学 (有機金属化学、超分子化学、合成有機化学)
研究課題 遷移金属触媒を用いる環境調和型の新触媒反応の開発
機能性材料の開発を志向した新規超分子化合物の合成法の開発
受賞
2018年10月29日
Very Important Paper(Editorial Office, European Journal of Organic Chemistry)
「Evaluation of the Steric Bulk of Substituents Utilizing the Shuttling Behavior of [2]Rotaxanes with N-Arylpyrrole Moieties」
2016年3月7日
ACS Editors' Choice(アメリカ化学会)
「Synthesis and Shuttling Behavior of [2]Rotaxanes with a Pyrrole Moiety」
2016年3月7日
Featured Article(アメリカ化学会)
「Synthesis and Shuttling Behavior of [2]Rotaxanes with a Pyrrole Moiety」
2014年9月15日
HGCS Japan Award of Excellence 2014(ホスト-ゲスト・超分子化学研究会)
「Synthesis of interlocked compounds by utilizing the catalytic activity of the macrocyclic phenanthroline-Cu complexes」
2011年4月21日
長瀬研究振興賞 (長瀬科学技術振興財団)
「環拡大反応を利用した効率的な含窒素中員環構築法の開発」
受賞を全件表示
学会活動
2018年2月~2019年2月
有機合成化学協会
関東支部幹事
2017年11月30日~2018年6月3日
第16回ホストーゲスト・超分子シンポジウム
実行委員
2017年3月~2019年2月
日本化学会
代表正会員
2017年3月~2018年2月
日本化学会
関東支部幹事
2017年2月~2018年2月
有機合成化学協会
関東支部幹事
学会活動を全件表示
客員教授
2012年6月5日~2012年6月20日
University of Strasbourg, France

トピックス

1.新しい遷移金属触媒反応の開発、及びその応用
2.新規超分子合成法の開発

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ