工藤 昭彦 クドウ アキヒコ KUDO Akihiko 教授

理学部第一部 応用化学科

工藤研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/kudolab/
出身大学 1983年 東京理科大学 理学部 化学 卒業
出身大学院 1988年 東京工業大学 総合理工学研究科 電子化学専攻 博士課程 修了
取得学位 東京工業大学 理学博士 課程
研究経歴 1983-1988 光触媒(水分解)
1988-1989 光電気化学
1989-現在 光触媒(水分解、CO2固定、NOx還元) 
電気化学(CO2固定)
      発光材料
研究職歴 1988-1989 アメリカテキサス大学 博士研究員
1989-1995 東京工業大学 助手
1995-1998 東京理科大学理学部応用化学科 ・講師
1998-2003 東京理科大学理学部応用化学科 ・助教授
2003- 東京理科大学理学部応用化学科 ・教授
性別
生年月
研究キーワード 光触媒
研究分野 機能物性化学 (光触媒)
研究課題 光触媒を用いた水の分解
光触媒反応
層状化合物の光化学
受賞
2019年8月4日
Energy Technology Cover Picture選出 (John Wiley & Sons, Inc.)
「Solar Water Splitting under Neutral Conditions Using Z‐Scheme Systems with Mo‐Doped BiVO4 as an O2‐Evolving Photocatalyst」
2019年4月23日
ACS Sustainable Chem. Eng. Cover Picture選出 (ACS Publications)
「Effects of Coapplication of Rh-Doping and Ag-Substitution on the Band Structure of Li2TiO3 and the Photocatalytic Property」
2018年11月27日
高被引用論文著者 2018 (クラリベイト・アナリティクス(旧トムソンロイターIP&Science))
「資源・エネルギー・環境問題の解決に向けた光触媒を用いた人工光合成の研究」
2018年6月1日
第72回(2017年度)日本セラミックス協会賞 学術賞 (公益社団法人日本セラミックス協会)
「金属酸化物・硫化物を用いた人工光合成光触媒の開発」
2018年5月11日
Chem. Commun. Cover Picture選出 (Royal Society of Chemistry)
「Decomposition of an aqueous ammonia solution as a photon energy conversion reaction using a Ru-loaded ZnS photocatalyst」
受賞を全件表示
学会活動
2019年4月~2020年3月
日本化学会第100春季年会
会場・総務小委員会委員
2018年10月~2021年12月
The 2020 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PAC CHEM™)
「Artificial Photosynthesis: Photo-induced water splitting」 のセッションオーガナイザー
2017年5月1日~2018年3月
電気化学会第85回大会
実行委員
2017年4月~2017年10月
International Conference on Functional Nanomaterials & Nanotechnology (ICFNN-2017)
学会の顧問・助言委員等
2017年3月~2017年12月
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry
学会誌及び論文誌の編集者
学会活動を全件表示
客員教授
2012年5月~2015年5月
上海交通大学
2014年4月1日~2015年3月31日
公立大学法人首都大学東京
2015年4月1日~2016年3月31日
公立大学法人首都大学東京

ページのトップへ