技術経営専攻(MOT)

専門職大学院ポリシー一覧

[ディプロマ・ポリシー] 修了認定・学位授与の方針

技術経営(MOT)専攻においては、理学と工学が一体となった「科学技術」と「経営」の実践的融合と「グローバルな視点」と「高い職業倫理観」の育成をはかった教育を通じて、次のような資質を持った高度専門職業人を社会に送り出すことを目的とする。

  1. (問題発見)「理論」と「実践」の両面からイノベーションにおける課題を自ら発見し、それに係るメカニズムを把握することができる。
  2. (概念創造)新しい製品や事業のコンセプトを自ら創造し、イノベーションを実現していくことができる。
  3. (論理構築)企業経営の現場で生じているイノベーションの諸プロセスを多面的かつ立体的に分析することができる。
  4. (解決能力)科学・技術と市場をつなげる技術経営の実践によって、一連のイノベーションを興すことができる。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針

技術経営(MOT)専攻では、技術とマネジメントを融合させ、「グローバルな視点」と「高い職業倫理観」を持って、研究開発から市場化へのプロセスにおける一連のイノベーションを興すことのできる人材を育成することを目的とし、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  1. 技術経営を実践できるMOT型プロデューザーを育成するための「コンセプト・フィールド・ダイナミクス教育」を実践するべく、コンセプト・プロトタイピング型教育とフィールド論理発見型教育の2本柱を有し、さらにその相互作用の中でイノベーションを興すために必要な教育を実施する。
  2. コンセプトイノベーション領域、イノベーションフィールド領域、技術・産業領域、マネジメント領域の4つの領域のカリキュラムをバランスよく編成し、かつそれぞれの領域で基幹となる科目を設ける。
  3. 理論と実践の融合を図るための演習科目群を編成し、学生一人ひとりに対して、それぞれの問題意識に基づいて研究を深められるように個別指導を行う。
  4. 技術経営(MOT)専攻の専門性を発揮しつつ、他専攻の履修を可能とすることによって、専門性と幅広い視野・知識を効率的・効果的な修得を図る。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受け入れの方針

技術経営専攻(MOT)は、技術経営分野において深い学識及び卓越した能力を養い、技術開発から市場化へのプロセスにおける一連のイノベーションを担う人材を育成することを目的とするため、下記の方針に基づいた人材を求める。

  1. 大学又は大学院を卒業・修了した技術関連企業人を主な対象とする。
  2. 多様性の確保に重点を置き、大学での学修分野を問わず優れた素質を有する人材を広く受け入れる。

専攻ページへのリンク

ページのトップへ