知的財産戦略専攻(MIP)

専門職大学院ポリシー一覧

[ディプロマ・ポリシー] 修了認定・学位授与の方針

経営、技術、法律等にまたがる「理論」と「実践」の融合をはかりつつ、高度専門職業人を社会に送り出すことを目的とし、以下の能力を身につけた学生に対して修了を認定し、学位を授与する。
  • (1)「理論」と「実践」の両面から、知的財産に係る課題を自ら発見し、その背景にある諸要素の関係を経営、技術、法律等の多面的な知見から把握する能力。
  • (2)知的財産マネジメントに係るイノベーションを自ら実現するために、個別事案に応じた最適なマネジメントについて仮説を設定する能力。
  • (3)経営、技術、法律等にわたる多様な情報を、国際的視野で複合的に分析し、戦略的な知的財産マネジメントを論理的に提案する能力。
  • (4)知的財産の創造、保護及び活用の各局面における問題を解決するために、最適なマネジメントの実践を担う知識・能力。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針

  1. 知財の視点でビジネスを活性化できる以下の能力を有した高度な知的財産専門職人材の養成を目的にカリキュラムを編成する。
    • (1)知財の創造、保護、活用の能力。
    • (2)経営・技術・法律等にまたがる幅広い教養を国際的視野で活かす能力。
    • (3)理論と実践の両面から課題を把握し、解決策を戦略的に提案できる能力。
  2. 多様な学生を考慮し、以下をバランスよく修得する体系的なカリキュラム編成とする。
    • (1)知的財産法制度に関する基本的知識や理論。
    • (2)知財に関する政策展開や企業での戦略展開などの実践的知識や能力。
  3. 知財戦略の専門性と他専攻の授業科目の履修も含んだ幅広い視野・知識を修得できるよう、以下の科目構成とする。
    • (1)基盤系及び法律系の基礎科目。
    • (2)戦略系、知財実務系、及び法律系の発展科目。
    • (3)学生の問題意識に基づき複数教員のコーチングにより研究を深め、その課題に対し具体的な解決を得るべく個別指導を行う演習科目

[アドミッション・ポリシー] 入学者受け入れの方針

知的財産戦略専攻(MIP)は、知的財産分野において深い学識及び卓越した能力を養うことを目的とし、入学者選抜においては、多様性の確保に重点を置き、職域と専門分野を問わず、知財に対して具体的な課題認識を持っている社会人や、大学・大学院を卒業・修了して間もない社会人未経験者など、幅広い層の、優れた素質を有する人材を広く受け入れることを方針としている。

専攻ページへのリンク

ページのトップへ