薬科学専攻

専攻紹介

薬学は一般に、医薬品の創製や製造といった薬剤に関する専門技術の総称として理解されているようです。しかしその本質は、物理化学から有機化学、さらには生物科学まで広く自然科学全般を基礎におく応用科学であり、その実用に向けて医療への応用を常に視野に入れた、生命倫理に立脚した科学なのです。この意味で薬学は、医学でも理学でも工学でもない独自の科学であると言えるでしょう。

本専攻では人間性豊かな教養と高い倫理観を備え、薬学の基礎から専門までを深く身に付けるとともに、様々な社会的ニーズに対しても応えられる問題解決能力を有する研究者、技術者等の育成を目指しています。本専攻修士課程では、学部教育で学び得た学問を基に、様々な薬科学関連分野での応用展開の教育研究を通して、人類の健康と社会福祉に貢献できる人材の育成に力を注いでいます。

また、本専攻は生命創薬科学科を基礎とする専攻であり、創薬科学等をはじめとする多様な薬科学関連領域を習得した研究者・技術者の育成が主な目的ですが、創薬科学と生命薬科学分野のみならず、医薬品の毒性、環境への影響等に関係する医薬科学も重要な柱となっているところに大きな特色があります。

本専攻では「文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の支援により「がんシステム・創薬研究者養成コース」を設けています。本コースでは、がん細胞の成り立ちと抗がん剤の作用メカニズムをシステム的に理解し、標的タンパク質の立体構造情報に基づいて抗がん剤を理論的に創薬できる研究者の養成をめざしています。

理念・目的・教育目標

薬科学専攻の理念・目的は、学部教育の上に立って広い視野で高度な専門的知識を身につけ、薬科学関連領域をさらに発展させるため研究・教育を行うことによって、高度化する医療を医薬品の観点から支えることのできる優れた能力をもった人材を育成し、人類の健康と福祉に貢献することです。

授業科目表(修士課程)

科目区分 授業科目 単位 履修方法 履修年次
特論科目 基礎有機化学特論 2 選択 1又は2
基礎物理化学特論 2 選択 1又は2
基礎生物化学特論 2 選択 1又は2
基礎薬物治療学特論 2 選択 1又は2
基礎病態学特論 2 選択 1又は2
基礎衛生薬学特論 2 選択 1又は2
基礎天然物薬品学特論 2 選択 1又は2
がん医療特論 2 選択 1又は2
がん研究の手法1 1 選択 1又は2
がん研究の手法2 1 選択 1又は2
がんプロフェッショナル養成特別講義1 1 選択 1又は2
がんプロフェッショナル養成特別講義2 1 選択 1又は2
演習科目 薬科学研究技法演習M1A 1 選択 1
薬科学研究技法演習M1B 1 選択 1
薬科学研究技法演習M2A 1 選択 2
薬科学研究技法演習M2B 1 選択 2
薬科学研究論文演習M1A 1 選択 1
薬科学研究論文演習M1B 1 選択 1
薬科学研究論文演習M2A 1 選択 2
薬科学研究論文演習M2B 1 選択 2
研究科目 薬学特別実験1A 4 必修 1
薬学特別実験1B 4 必修 1
薬学特別実験2A 4 必修 2
薬学特別実験2B 4 必修 2
教養 知的財産特論 2 選択 1又は2
Basic Presentation Skills in English 1 選択 1又は2
医療倫理 2 選択 1又は2
生命倫理 2 選択 1又は2
国際経済学特論 2 選択 1又は2
経営行動科学特論 2 選択 1又は2
比較文化特論 2 選択 1又は2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
16 14 30

授業科目表(博士後期課程)

科目区分 授業科目 単位 履修方法 履修年次
特論科目 先端薬科学特論1 2 選択 1〜3
先端薬科学特論2 2 選択 1〜3
基盤演習科目 薬科学研究発表演習1 1 選択 1
薬科学研究発表演習2 1 選択 2
薬科学研究発表演習3 1 選択 3
技法演習科目 薬科学研究技法演習1A 2 選択 1
薬科学研究技法演習1B 2 選択 1
薬科学研究技法演習2A 2 選択 2
薬科学研究技法演習2B 2 選択 2
薬科学研究技法演習3A 2 選択 3
薬科学研究技法演習3B 2 選択 3
論文演習科目 薬科学研究論文演習1A 2 選択 1
薬科学研究論文演習1B 2 選択 1
薬科学研究論文演習2A 2 選択 2
薬科学研究論文演習2B 2 選択 2
薬科学研究論文演習3A 2 選択 3
薬科学研究論文演習3B 2 選択 3
研究科目 薬科学博士研究1A 5 選択 1
薬科学博士研究1B 5 選択 1
薬科学博士研究2A 5 選択 2
薬科学博士研究2B 5 選択 2
薬科学博士研究3A 5 選択 3
薬科学博士研究3B 5 選択 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
40単位以上修得のこと。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
創薬科学 教授 青木 伸 生物有機化学
教授 内呂 拓実 創薬合成化学
教授 後藤 了 量子物理化学
教授 羽田 紀康 生薬学・薬用植物学
教授 東 達也 臨床分析科学
教授 牧野 公子 薬品物理化学
教授 山下 親正 DDS・製剤設計学
教授 和田 猛 有機化学
准教授 稲見 圭子 有機薬化学
准教授 横山 英志 生物物理化学
准教授 和田 浩志 資源植物化学
生命薬科学 教授 礒濱 洋一郎 応用薬理学
教授 市原 学 衛生化学
教授 内海 文彰 分子生命薬学
教授 岡 淳一郎 薬理学
教授 鍜治 利幸 環境健康学
教授 田沼 靖一 生化学・分子生物学
教授 早川 洋一 微生物薬品化学
教授 樋上 賀一 分子病理・代謝学
教授 深井 文雄 分子病態学
教授 宮崎 智 生命情報科学
准教授 秋本 和憲 分子医科学
医薬科学 教授 青山 隆夫 薬物治療学
教授 望月 正隆 薬化学
教授 花輪 剛久 医療デザイン学
教授 小茂田 昌代 医療安全学
准教授 根岸 健一 臨床薬学
准教授 真野 泰成 臨床薬剤学

ページのトップへ