薬学専攻

専攻紹介

東京理科大学薬学部では、平成18年度から新薬学教育制度が施行されたことにともない、6年制の薬学科において薬剤師等を育成する新課程の学部教育が開始されました。また同時に、創薬科学等をはじめとする研究者・技術者等を育成するための、4年制の生命創薬科学科を併設し、学部教育を行っています。さらに、平成22年度に「薬学研究科薬科学専攻修士課程」を設置し、さらに平成24年度から「同博士後期課程」を設置し、4年制学科卒業後の大学院教育の推進を図っています。他方、6年制学科では、医療薬学を中心に基礎学力と専門知識を有する質の高い薬剤師等の育成を目指した教育を行っていますが、それに立脚して、さらに医療の現場における医薬品の使用の課題を対象とする研究領域や将来の医薬品開発のあるべき方向性等を提案できる「研究心」、ならびに疾患別の化学療法に長けた「専門職能」を有する薬剤師等を育成することに重点をおいた医療薬学・臨床薬学等に関する教育研究が行われています。

この新しい薬学教育体制の下で、6年制学部教育に基礎を置く博士課程において育成すべき人材像は、病院・薬局で働く高度な職能を持った薬剤師に加え、医薬品承認審査、公衆衛生等の行政従事者、薬学教育に携わる教員等、多様です。また、基礎薬科学領域の研究者に加えて医療薬学・臨床薬学研究を担う研究者の育成も重要であり、研究者育成体制とキャリアパスの整備が欠かせません。このような観点を重視して、本学では、人間性豊かな教養と高い倫理観をもち医療面での社会的ニーズに対しても的確に対応できる問題解決能力を有し、国際的にも通用し、信頼される薬剤師等を育成することを目指す「薬学専攻博士課程」を設置するに至りました。

本課程の趣旨は、近年の高度化医療、テーラーメイド医療、医薬分業の発展に伴い、医薬品の安全で適正な使用を倫理面をも配慮して行うことのできる質の高い薬剤師等を育成することです。ここでは、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした高度な専門性や優れた研究能力を有する薬剤師等の育成に重点をおいた医療薬学・臨床薬学に関する教育研究を主に行います。本課程では、学部教育を基礎として、4年一貫の博士課程で高度な専門性や優れた研究能力を身につけ、さらに医療薬学に関する諸問題に対して解決策を見出す能力を養うことを通して、人類の健康と社会福祉に貢献できるヒューマニティに富んだ研究心のある薬剤師等の優秀な人材を育成します。

理念・目的・教育目標

本課程の教育研究上の理念は、医療の現場における臨床的な諸課題を解決するための各専門研究領域における「高度な専門性」、「研究指向性」、さらには「指導能力」を有する優れた薬剤師等の高度の専門的職業人を育成することです。

授業科目表(博士課程)

科目区分 授業科目 単位 履修方法 履修年次
基盤特論科目 医療薬学特論1 2 選択 1~2
医療薬学特論2 2 選択 1~2
医療薬学特論3 2 選択 1~2
専門特論科目 有機化学特論 2 選択 1~4
物理化学特論 2 選択 1~4
生物化学特論 2 選択 1~4
薬物治療学特論 2 選択 1~4
衛生薬学特論 2 選択 1~4
天然物薬品学特論 2 選択 1~4
基礎演習科目 薬学研究発表演習1 1 選択 1
薬学研究発表演習2 1 選択 2
薬学研究発表演習3 1 選択 3
薬学研究発表演習4 1 選択 4
技法演習科目 薬学研究技法演習1 4 選択 1
薬学研究技法演習2 4 選択 2
薬学研究技法演習3 4 選択 3
薬学研究技法演習4 4 選択 4
論文演習科目 薬学研究論文演習1A 2 選択 1
薬学研究論文演習1B 2 選択 1
薬学研究論文演習2A 2 選択 2
薬学研究論文演習2B 2 選択 2
薬学研究論文演習3A 2 選択 3
薬学研究論文演習3B 2 選択 3
薬学研究論文演習4A 2 選択 4
薬学研究論文演習4B 2 選択 4
研究科目 薬学博士研究1A 5 選択 1
薬学博士研究1B 5 選択 1
薬学博士研究2A 5 選択 2
薬学博士研究2A 5 選択 2
薬学博士研究3A 5 選択 3
薬学博士研究3B 5 選択 3
薬学博士研究4A 5 選択 4
薬学博士研究4B 5 選択 4

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士課程修了所要単位数
基盤特論科目 専門特論科目 基礎演習科目 技法演習科目 論文演習科目 研究科目
4 4 3 12 12 30 65

(履修科目の登録の上限:27単位(年間))

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
創薬科学 教授 羽田 紀康 生物学・薬用植物学
教授 東 達也 臨床分析科学
准教授 稲見 圭子 有機薬化学
生命薬学 教授 礒濱 洋一郎 応用薬理学
教授 市原 学 衛生化学
教授 岡 淳一郎 薬理学
教授 鍜冶 利幸 環境健康学
教授 田沼 靖一 生化学・分子生物学
医療薬学 教授 青山 隆夫 薬物治療学
教授 花輪 剛久 医療デザイン学
教授 望月 正隆 薬化学
教授 小茂田 昌代 医療安全学
准教授 根岸 健一 臨床薬学

ページのトップへ