薬学研究科

研究科紹介

本学薬学部では、6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科の両学科で、医療人としての質の高い薬剤師と薬学分野の研究者・技術者を育成しています。これらの学科の上位に位置する大学院には、薬学科を基礎とする薬学専攻博士課程(4年制)と、生命創薬科学科を基礎とする薬科学専攻修士課程(2年制)および薬科学専攻博士後期課程(3年制)を設けています。これらの研究科の目的は、学部教育の上に立って広い視野で高度な専門的知識を培い、薬学関連領域をさらに発展させるための研究・教育を行うことによって、高度化する医療を医薬品の観点から支えることのできる優れた能力をもった人材を育成し、人類の健康と福祉に貢献することです。
薬学専攻博士課程と薬科学専攻博士後期課程では、「社会人特別選抜制度」を導入し、実社会で活躍中の薬剤師を始め、研究者、技術者および行政官などにも広く門戸を開放しています。また、2019年度から、「社会人専修コース」を設置し、社会人の方が働きながら学位(博士)取得を目指すことができるカリキュラムを実施します。優れた実績を持つ教員スタッフが揃い、薬学研究に不可欠な最先端の研究施設や測定機器を完備するなど、理想的な環境のもとで活発な研究・教育が展開されています。

薬学専攻博士課程及び薬科学専攻博士後期課程社会人専修コースについて

専攻一覧

理念・目的・教育目標

修士課程は、薬学部における一般的並びに専門的教育の基礎の上に広い視野に立って精深な学識を修め、専門分野における理論と応用の研究能力を養うことを目的としています。

博士後期課程及び薬学専攻博士課程は、薬学における独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し研究を指導する能力を養うことを目的としています。

ページのトップへ