土木工学専攻

専攻紹介

道路、鉄道、ダム、エネルギー供給施設、通信施設、上下水道、港湾、空港等々、われわれの生活に不可欠な各種施設を計画・設計・施工し、それらが十分に機能するように維持管理していくことが土木工学に課せられた任務です。

我国の土木工学の水準は、本四架橋、青函トンネル、東京湾横断道路の例に見られるとおり、世界最高級のレベルにあると言えます。先端的な施工の自動化・無人化・ロボット化はそのレベルを維持する背景になっています。

このような土木分野へ院生を送り出すわけですが、大切なことは基礎力のある院生の育成であると考えられます。それ故、本土木工学専攻のカリキュラム体系は、構造力学、水理学、土質力学、土木材料学、環境工学、土木計画学を基本としたものであって、学部の教育をもとにそれぞれの指導教員の研究分野に関連したものをより深く学習し、研究課題を進める形になっています。関連する研究室の教員の講義や他専攻の講義を受けることもあり、柔軟な運営となっています。最終目的は、修士論文の提出にありますが、途中で研究の外部での発表を課しており、そのことが論文作成、講演の演習にもなっています。

理念・目的・教育目標

土木工学専攻は、基礎知識を備えた適応性・発展性に富む土木技術者、倫理観・環境観を備えた自立できる土木技術者、実行力を備えた信頼される土木技術者としての要件をすべて満たし、さらに、ある特定の分野において特に卓越している土木技術者を育成します。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
土木構造学 構造解析学特論1 2 選択 共通
構造解析学特論2 2 選択 共通
土木動構造学 風と構造物 2 選択 共通
弾性波動特論1 2 選択 共通
弾性波動特論2 2 選択 共通
計測と解析 2 選択 共通
土木材料学 インフラストックマネジメント 2 選択 共通
水工学 水工学特論 2 選択 共通
環境水理学特論1 2 選択 共通
環境水理学特論2 2 選択 共通
水文気象学特論 2 選択 共通
地盤工学 地盤改良と補強法 2 選択 共通
地震地盤工学特論 2 選択 共通
土の強さと地盤の安定性 2 選択 共通
土木基礎工学特論 2 選択 共通
土木基礎構造物の設計と施工 2 選択 共通
軟弱地盤の課題と対策 2 選択 共通
環境工学 環境工学特論 2 選択 共通
環境学特論 2 選択 共通
流体拡散論 2 選択 共通
交通施設計画学 地域計画特論 2 選択 共通
社会基盤整備と市民参加 2 選択 共通
社会資本整備特論 2 選択 共通
交通行動分析特論 2 選択 共通
地球環境工学 国土情報工学特論 2 選択 共通
  文献研究及び実験研究I 6 必修 1
文献研究及び実験研究II 8 必修 2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
14 16 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
構造学 構造学研究1A 5 選択 1
構造学研究1B 5 選択 1
構造学研究2A 5 選択 2
構造学研究2B 5 選択 2
構造学研究3A 5 選択 3
構造学研究3B 5 選択 3
防災学 防災学研究1A 5 選択 1
防災学研究1B 5 選択 1
防災学研究2A 5 選択 2
防災学研究2B 5 選択 2
防災学研究3A 5 選択 3
防災学研究3B 5 選択 3
環境学 環境学研究1A 5 選択 1
環境学研究1B 5 選択 1
環境学研究2A 5 選択 2
環境学研究2B 5 選択 2
環境学研究3A 5 選択 3
環境学研究3B 5 選択 3
計画学 計画学研究1A 5 選択 1
計画学研究1B 5 選択 1
計画学研究2A 5 選択 2
計画学研究2B 5 選択 2
計画学研究3A 5 選択 3
計画学研究3B 5 選択 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
自己の指導教員が担当する科目1~3について6科目30単位を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げて在学期間が1年で修了する者は10単位、在学期間が2年で修了する者は20単位で可とする。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
土木動構造学 教授 東平 光生 弾性波動工学
教授 木村 吉郎 構造工学、風工学
水工学 教授 二瓶 泰雄 環境水理学、流体力学
講師 仲吉 信人 水文気象学、生気象学
地盤工学 教授 菊池 喜昭 地盤工学、土質力学
教授 塚本 良道 土質動力学、土木基礎工学
環境工学 教授 出口 浩 環境工学
コンクリート工学 教授 加藤 佳孝 コンクリート工学、建設材料マネジメント
交通計画学 教授 寺部 慎太郎 交通システム計画
講師 栁沼 秀樹 交通行動分析、交通ネットワーク解析
地球環境工学 教授 小島 尚人 国土情報工学、リモートセンシング
維持管理工学 准教授 佐伯 昌之 構造モニタリング
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
社会基盤学 客員教授 毛利 雄一 交通計画、地域計画
(計量計画研究所)
※教授 寺部 慎太郎
鉄道計画学 客員教授 武藤 雅威 鉄道計画
(鉄道総合技術研究所)
※教授 寺部 慎太郎
地盤工学 客員准教授 渡邉 健治 土質力学、地盤工学
(鉄道総合技術研究所)
※教授 菊池 喜昭

※は副指導教員を表す。

ページのトップへ