先端化学専攻

専攻紹介

人類の生存はエネルギー、マテリアル、情報(エレクトロニクス、コンピュータ)、生物、環境、宇宙に関わる研究開発の発展なしにはあり得ません。本専攻では、このうちエネルギーとマテリアル分野の研究開発を対象とし、それを行うことのできる学術能力のある21世紀の科学枝術発展を担う科学者を育成することを目標としています。

専攻部門には有機化学、無機化学、物埋化学、分析化学、化学工学があります。学部での基礎学力を踏まえて、内容をより一段と高度にするのはもちろんですが、それだけで先進的な研究開発は達成できるものではありません。深めれば深めるほど研究は専攻部門を越えて異分野にまたがり、その境界領城を理解し踏破する必要が生じます。それに対応するには、新しい知識と柔軟な考え方を養わなければなりません。「連携大学院方式」は、ボーダレス化する学問の現実に照らし、先端的な研究を行う研究所と手を結ぶことによって、客員教員の招へい等を行うというものです。理工学研究科では産業技術総合研究所をはじめ多くの研究所と連携を組み、独創的なカリキュラムを実践しています。

また本専攻は、研究方針と実験結果のディスカッションとに基づいた学生自らの積極的な研究の推進を奨励しています。その実践は修士課程段階での学会発表や、レフェリー付論文の作成などとして課され、研究者としての自覚を促します。もちろんバックアップ体制は万全です。例えば、海外で発表を行う学生に対しては、渡航費・滞在費を支給するほか、大型測定装置、コンピュータ、ネットワークなどは最新の設備を揃えております。例年、出身者の大半は大手製造業へ研究職、技術職として就職し、数名が博士課程に進学しています。

理念・目的・教育目標

先端化学専攻は、エネルギー・生体関連材料も含む先端材料開発に重点をおき、環境調和型科学の発展を目指しています。化学物質を創り、使い、循環することにより、 科学と自然の調和を実現し、また最先端の研究者、技術者として自立できる人材を育成します。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
先端無機化学
及び
先端分析化学
無機材料化学特論1 2 選択 共通
無機材料化学特論2 2 選択 共通
無機材料化学特論3 2 選択 共通
無機材料化学特論4 2 選択 共通
無機材料化学特論5 2 選択 共通
固体化学特論 2 選択 共通
工業分析化学特論1 2 選択 共通
工業分析化学特論2 2 選択 共通
工業分析化学特論3 2 選択 共通
物質情報工学特論 2 選択 共通
環境地学特論 2 選択 共通
先端有機化学
及び
先端高分子化学
有機工業化学特論1 2 選択 共通
有機工業化学特論2 2 選択 共通
有機工業化学特論3 2 選択 共通
有機工業化学特論4 2 選択 共通
有機工業化学特論5 2 選択 共通
有機工業化学特論6 2 選択 共通
高分子化学特論1 2 選択 共通
生化学特論 2 選択 共通
先端物理化学
及び
化学工学
工業物理化学特論1 2 選択 共通
工業物理化学特論2 2 選択 共通
界面化学特論1 2 選択 共通
界面化学特論2 2 選択 共通
化学工学特論1 2 選択 共通
  特別講義1 2 選択 共通
特別講義2 2 選択 共通
研究実験 14 必修 1及び2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
14 16 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
先端無機化学 無機材料化学特別研究1A 5 選択 1
無機材料化学特別研究1B 5 選択 1
無機材料化学特別研究2A 5 選択 2
無機材料化学特別研究2B 5 選択 2
無機材料化学特別研究3A 5 選択 3
無機材料化学特別研究3B 5 選択 3
先端分析化学 工業分析化学特別研究1A 5 選択 1
工業分析化学特別研究1B 5 選択 1
工業分析化学特別研究2A 5 選択 2
工業分析化学特別研究2B 5 選択 2
工業分析化学特別研究3A 5 選択 3
工業分析化学特別研究3B 5 選択 3
先端有機化学 有機工業化学特別研究1A 5 選択 1
有機工業化学特別研究1B 5 選択 1
有機工業化学特別研究2A 5 選択 2
有機工業化学特別研究2B 5 選択 2
有機工業化学特別研究3A 5 選択 3
有機工業化学特別研究3B 5 選択 3
先端高分子化学 高分子化学特別研究1A 5 選択 1
高分子化学特別研究1B 5 選択 1
高分子化学特別研究2A 5 選択 2
高分子化学特別研究2B 5 選択 2
高分子化学特別研究3A 5 選択 3
高分子化学特別研究3B 5 選択 3
先端物理化学 工業物理化学特別研究1A 5 選択 1
工業物理化学特別研究1B 5 選択 1
工業物理化学特別研究2A 5 選択 2
工業物理化学特別研究2B 5 選択 2
工業物理化学特別研究3A 5 選択 3
工業物理化学特別研究3B 5 選択 3
化学工学 化学工学特別研究1A 5 選択 1
化学工学特別研究1B 5 選択 1
化学工学特別研究2A 5 選択 2
化学工学特別研究2B 5 選択 2
化学工学特別研究3A 5 選択 3
化学工学特別研究3B 5 選択 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
己の指導教員が担当する科目1~3について6科目30単位を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げて在学期間が1年で修了する者は10単位、在学期間が2年で修了する者は20単位で可とする。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
先端分析化学 教授 板垣 昌幸 電気分析化学
教授 関 陽児 環境分析化学
講師 四反田 功 電気分析化学
講師 野島 雅 表面分析化学
講師 星 芳直 電気分析化学
先端無機化学 教授 井手本 康 固体化学
教授 竹内 謙 固体化学
准教授 藤本 憲次郎 無機材料化学
講師 北村 尚斗 固体化学
先端有機化学 教授 有光 晃二 有機材料化学
教授 郡司 天博 有機合成化学
准教授 坂井 教郎 有機合成化学
講師 中山 泰生 有機材料化学
先端物理化学 教授 酒井 秀樹 応用界面化学
教授 湯浅 真 電気化学
講師 近藤 剛史 電気化学
講師 酒井 健一 応用界面化学
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
先端分析化学 客員准教授 片山 英樹 電気分析化学
(物質・材料研究機構)
※教授 板垣 昌幸
先端無機化学 客員教授 秋本 順二 結晶化学
(産業技術総合研究所)
※教授 井手本 康
客員准教授 鈴木 拓 無機材料化学
(物質・材料研究機構)
※准教授 藤本 憲次郎
先端有機化学 客員教授 清水 政男 有機工業化学
(産業技術総合研究所)
※准教授 坂井 教郎
客員教授 佐山 和弘 触媒化学
(産業技術総合研究所)
※教授 郡司 天博
先端物理化学 客員准教授 井村 知弘 応用界面化学
(産業技術総合研究所)
※教授 酒井 秀樹
(教員の副専攻制による主研究指導教員・副指導教員及び研究分野)
先端化学複合領域 教授 板垣 昌幸 統計的処理方法を利用する精密分析法の開発
※教授
(経営工学専攻)
鈴木 知道

※は副指導教員を表す。

ページのトップへ