化学専攻

専攻紹介

化学専攻は、物質に関わる自然現象の真理を追究するための高度な知識をもった独創性豊かな研究者・技術者・教育者を育成することを目的としています。物質を探求する手段は日々進歩しており、伝統的な化学の研究手法にとらわれることなく、新たな展開を切り開くことを目指して、先端的な教育と研究を行います。

修士課程
学部における一般的・専門的教育の基礎の上に化学に関する深い学識を修め、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる能力を備えた人材を育成・輩出しています。
博士後期課程
化学に関連した卓越した専門性と国際感覚を身につけ、新たな学問領域や科学技術の開拓・開発を先導し、化学の最前線をさらに前進させるとともに、持続可能な住みよい社会の構築を主導することができる第一線の研究者・技術者・教育者を養成・輩出しています。

理念・目的・教育目標

物質に関わる自然現象の真理を追求するための高度な知識をもった独創性豊かな研究者・技術者・教育者を育成することを目的としています。

修士課程
化学に関する専門的知識と実験技術を活用し、自身の専門領域の発展に向け自立的な取り組みを行うことのできる人材を育成します。研究者・技術者・教育者として社会で活躍するために必要な資質を持ち、現代社会における多様な問題点の解決と持続的社会の発展に「化学」の専門知識と技術を用いて貢献することができる人材を育成します。
博士後期課程
深い専門知識と独創的な研究開発能力を発揮し、自身の専門領域の深化及び新たな学問領域の開拓に独立して寄与し、現代の知識基盤社会を支える人材を育成します。研究者・技術者・教育者として社会で活躍するために必要な資質を持ち、世界の研究者、技術者と連携し研究開発を進めることができ、化学の最先端を切り拓くことができる人材を育成します。

教育課程

基礎から応用にわたる広範な学問領域を包含する教育課程を構成しています。

修士課程
「専門科目」では、物理化学、無機及び分析化学、有機化学の専攻分野を横断した、①分子集積・分子科学、②エネルギー・環境化学、③機能・生体材料化学、④合成・反応有機化学、などの授業科目を配置し、高度な専門的知識と実験技術の習得並びに現代社会における様々な問題点を認識・解析し、それらに対処する総合的な能力を開発します。「教養科目」では、コミュニケーション能力、倫理観、国際性を養う授業科目を配置しています。「研究指導」では、指導教員及び副指導教員と議論しながら自身の研究を推進し、国内外の学会等での発表及び学術論文の発表を通じて自身の研究成果を正確かつ的確に表現する能力を養います。
博士後期課程
修士課程で養った高度な専門性を要する研究開発能力を基に化学研究分野に関して独創的な研究を自立して遂行する能力、並びに新たな学問領域の開拓を先導し、学問領域の融合や国際化に対応することのできる確固たる基盤を築き活発な研究活動を展開する能力を開発します。先端的研究設備のもとで研究活動を行い、学術論文の発表を通じて自身の研究成果を正確かつ的確に表現する能力を養います。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
無機及び分析
化学
有機化学
物理化学
分子科学基礎 1 選択必修 1
分子科学特論1 2 選択必修 1又は2
分子科学特論2 2 選択必修 1又は2
分子科学特論3 2 選択必修 1又は2
分子集積化学基礎 1 選択必修 1
分子集積化学特論1 2 選択必修 1又は2
分子集積化学特論2 2 選択必修 1又は2
分子集積化学特論3 2 選択必修 1又は2
分子集積化学特論4 2 選択必修 1又は2
分子集積化学特論5 2 選択必修 1又は2
合成有機化学特論1 2 選択必修 1又は2
合成有機化学特論2 2 選択必修 1又は2
合成有機化学特論3 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論1 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論2 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論3 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論4 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論5 2 選択必修 1又は2
反応有機化学特論6 2 選択必修 1又は2
生体情報化学特論 1 選択必修 1
機能性材料化学特論 2 選択必修 1又は2
機能性高分子化学特論 2 選択必修 1又は2
材料物性論 2 選択必修 1又は2
生命材料界面化学 2 選択必修 1又は2
生体材料解析法特論 2 選択必修 1又は2
材料・デバイス科学特論 2 選択必修 1又は2
有機材料化学特論 2 選択必修 1又は2
環境化学特論1 2 選択必修 1又は2
環境化学特論2 2 選択必修 1又は2
エネルギー変換化学 2 選択必修 1又は2
エネルギー材料化学 2 選択必修 1又は2
環境分析化学 2 選択必修 1又は2
専門必修科目 化学特別研究1 8 必修 1
化学特別研究2 8 必修 2
共通科目 化学特別講義1 1 選択 1又は2
化学特別講義2 1 選択 1又は2
化学特別講義3 1 選択 1又は2
化学特別講義4 1 選択 1又は2
科学者・技術者の倫理 1 選択 1又は2
環境安全科学 1 選択 1又は2
知財情報科学 1 選択 1又は2
ウォーターサイエンス特論 2 選択 1又は2
教養 知的財産特論 2 選択 1又は2
科学文化概論 2 選択 1又は2
サイエンス・ライティング 2 選択 1又は2
Academic English 1 2 選択 1又は2
Academic English 2 2 選択 1又は2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択必修 選択
16 12 2 30

授業科目表(博士後期課程)

授業科目 単位 履修方法 履修年次
分子集積・分子科学研究1 10 選択必修 1
分子集積・分子科学研究2 10 選択必修 1~3
分子集積・分子科学研究3 10 選択必修 1~3
合成・反応有機化学研究1 10 選択必修 1
合成・反応有機化学研究2 10 選択必修 1~3
合成・反応有機化学研究3 10 選択必修 1~3
機能・生体材料化学研究1 10 選択必修 1
機能・生体材料化学研究2 10 選択必修 1~3
機能・生体材料化学研究3 10 選択必修 1~3
エネルギー・環境化学研究1 10 選択必修 1
エネルギー・環境化学研究2 10 選択必修 1~3
エネルギー・環境化学研究3 10 選択必修 1~3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
各学生は、自己の指導教員が担当する授業科目1~3を3科目30単位修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
無機及び分析化学 教授 秋津 貴城 無機化学、錯体化学
教授 工藤 昭彦 触媒化学、無機光化学
教授 駒場 慎一 電気化学、電池材料科学
教授 田所 誠 超分子錯体化学
教授 宮村 一夫 金属錯体化学
教授 山田 康洋 無機光化学、放射化学
講師 榎本 真哉 錯体化学、物性化学
有機化学 教授 斎藤 慎一 有機金属化学、反応有機化学
教授 佐竹 彰治 超分子化学、機能性分子化学
教授 椎名 勇 天然物化学、有機合成化学
准教授 遠藤 恆平 有機化学(分子触媒、有機金属化学)
准教授 河合 英敏 構造有機化学、超分子化学
准教授 下仲 基之 分子細胞生物学
准教授 松田 学則 合成化学、有機元素化学
講師 木村 力 有機合成化学、有機金属化学
物理化学 教授 大塚 英典 界面・コロイド化学
教授 佐々木 健夫 液晶、高分子化学
教授 築山 光一 レーザー分光学、量子化学
教授 鳥越 秀峰 生物物理化学、構造生物学
教授 根岸 雄一 物理化学、クラスター化学
教授 由井 宏治 レーザー分光学、溶液化学
准教授 青木 健一 機能性高分子、高分子集合体
准教授 古海 誓一 物理化学、有機材料化学
准教授 渡辺 量朗 表面物理化学、プラズモニック光化学
講師 中 裕美子 高分子・繊維材料
講師 湯浅 順平 機能物性化学

ページのトップへ