応用物理学専攻

専攻紹介

人類・社会の持続的発展を目指した広い分野への物理学の応用、更には物理学的視点に立脚して学際領域の学問や産業の芽を興すことに挑戦する学問を応用物理学と位置付け、21世紀の社会的要請に応える新たな教育・研究を実践することを趣旨とします。
この趣旨のもと、人間性豊かな教養と高い倫理観を備え、物理学の基礎を身に付け、その成果を広い分野において先端的な応用に結び付ける視点を持った「理工両道」の研究者・技術者・教育者の育成を目指します。

修士課程では、理論や基礎を学ぶのみでなく、例えば「物質科学とその応用」の教育研究を通して、様々な物質の応用や製造・加工プロセスについても幅広く実践的に学び、「確かな体系的基礎」とともに「応用に関する幅広い知識・視野」を養います。また、研究活動を通して「精緻な論理的思考能力」や「研究推進能力・問題解決能力」を養います。これらに加えて、「学際的視点」を涵養し、「確かな物理学の基礎を身に着け、広い分野でその応用を可能とする、21世紀の社会が求める高い志を持って研究開発等に携わる専門的職業人の育成」を目標とします。

博士後期課程では、修士課程の目標に加え、研究者・技術者として最も重要となる「問題設定能力」を養います。また、応用物理学に関する高度な教育研究を通して「精緻な論理的思考能力」や「研究推進能力・問題解決能力」をより一層磨くとともに、国際会議での発表等を通して「国際性」を養います。これらに加えて、「コミュニケーション能力」、「研究管理能力」等の科学技術者としての素養を涵養し、「広い視野を持ち、科学技術分野を俯瞰できる力を備えた21世紀の社会が求める指導者たり得る研究者ならびに高度専門的職業人の育成」を目標とします。
専門分野は「物質科学とその応用」「光物理とその応用」「知能・知覚物理」の3分野です。
「物質科学とその応用」では、半導体、超伝導体、誘電体、磁性体といった物質の特性やその応用に関して広く学ぶと同時に、それらをまったく異なるものとして捉えるのではなく、物質が示す物性として広く体系的に研究を行います。

「光物理とその応用」では、可視光線だけでなく、赤外線やX線を含めた電磁波全体を対象として、光触媒を利用したクリーンエネルギーの創成、光の干渉を利用した超精密測定、情報記録・伝送のためのホログラム、電磁波を利用した物質の構造解析等の教育研究を行います。
「知能・知覚物理」では、物理学的視点から「知能」を理解することを目指して、脳の高次機能、脳の数理モデル、知能情報システム等について教育研究を行います。

理念・目的・教育目標

応用物理学専攻は、最も広い意味において物理学を応用し、更には新たな領域を拓かんとすることをその理念とします。 この理念に基づき、本専攻の目的は、基礎物理及び先端物理に関する高度な教育研究並びに、工学との橋渡しともなる物理学の応用に関する幅広い教育研究を行い、社会を変革するイノベーションを創出するとともに、社会的倫理観、国際的視野、そして新しい学問及び産業の芽を興すことに挑戦する高い志を持った21世紀社会を牽引し得る研究者・教育者・技術者を育成することとします。

これを達成するために、高度な専門性を要する研究開発能力を養うとともに、広い視野を持つために「精緻な論理的思考」「学際的視点」「基礎物理学」「幅広い応用に関する知識」を過不足なく指導すること、また、自身の専門分野の研究成果を倫理観に基づいて正確に表現・議論する能力、および国際的な視点と対話能力を育成することを、本専攻の教育目標とします。

教育課程

修士課程

教育課程の編成にあたっては、「精緻な論理的思考能力」、「学際的視点」、「基礎物理学」、「幅広い応用に関する知識」、「高い専門性、研究推進能力」をバランスよく修得できるよう留意しています。基礎能力、専門的知識と共に、幅広い視野や科学技術者として自立するために必要となる能力や技法を習得できる科目を体系的に設置しました。

基礎科目
精緻な論理的思考力を高めることを目的としたもの。
総論科目
1つの分野を基礎から応用に亘って体系的に学ぶことを目的としたもの。
特論科目
応用物理学に関する専門性を高めることを目的としたもの。
横断科目
科学技術の分野を広く俯瞰する能力や研究推進能力を高めることを目的としたもの。
共通教育科目
科学者・技術者としての広い視野と環境・安全・倫理に対する意識を高めることを目的としたもの。
特別研究
問題解決能力や研究推進能力を向上させ、修士論文を作成することを目的としたもの。

また、基礎ならびにその応用を教育するという観点から、電子デバイスやその製造プロセスに関する知識を習得し、実践的研究の経験を積むことができるよう、必要に応じて連携大学院方式による外部研究機関の協力支援を得て研究指導を行います。

博士後期課程

修士課程のコースワークで学び得た知識と研究推進能力を基としながら、さらに高度な専門的知識やスキル、広い視野を習得するため、研究指導科目である「応用物理学研究(一)~(三)」のみで教育課程を編成しました。研究活動に専念できるよう、座学による授業は設定していません。
また、副指導教員を置き、各学年において研究・学修の進捗状況を確認し、学位の水準を確保した上で、標準修業年限内での学位授与が円滑に行えるよう配慮しました。
さらに、物理学の知識ならびにその応用を深く学ぶという観点から、電子デバイスやその製造プロセスに関する知識を習得し、実践的研究の経験を積むことができるよう、必要に応じて連携大学院方式による外部研究機関の協力支援を得て研究指導を行います。

授業科目表(修士課程)

科目区分 授業科目 単位 履修方法 履修年次
専門必修科目 特別研究(一) 8 必修 1
特別研究(二) 8 必修 2
基礎科目 量子物理学 2 選択 1
統計物理学 2 選択 1
総論科目 超伝導体総論 2 選択 1又は2
半導体総論 2 選択 1又は2
誘電体総論 2 選択 1又は2
磁性体総論 2 選択 1又は2
光物性総論 2 選択 1又は2
計測科学総論 2 選択 1又は2
特論科目 理論物理学特論 2 選択 1又は2
固体電子構造特論 2 選択 1又は2
超伝導量子物理学特論 1 選択 1又は2
超伝導特論(一) 1 選択 1又は2
超伝導特論(二) 1 選択 1又は2
磁性特論(一) 1 選択 1又は2
磁性特論(二) 1 選択 1又は2
半導体特論(一) 1 選択 1又は2
半導体特論(二) 1 選択 1又は2
ナノスケール物理学特論(一) 1 選択 1又は2
ナノスケール物理学特論(二) 1 選択 1又は2
光物性特論(一) 1 選択 1又は2
光物性特論(二) 1 選択 1又は2
表面物性特論(一) 1 選択 1又は2
表面物性特論(二) 1 選択 1又は2
量子ビーム物理特論(一) 1 選択 1又は2
量子ビーム物理特論(二) 1 選択 1又は2
電子デバイス特論 2 選択 1又は2
半導体プロセス特論 2 選択 1又は2
光エレクトロニクス特論 2 選択 1又は2
量子情報物理特論 2 選択 1又は2
知能・知覚物理特論 2 選択 1又は2
ソフトマター物理学特論 2 選択 1又は2
共通 共通特別講義(一) 1 選択必修 1又は2
共通特別講義(二) 1 選択必修 1又は2
共通特別講義(三) 1 選択必修 1又は2
共通特別講義(四) 1 選択必修 1又は2
特別講義(一) 1 必修 1又は2
特別講義(二) 2 必修 1又は2
ウォーターサイエンス特論 2 選択 1又は2
知財情報科学 1 選択 1又は2
環境安全科学 1 選択 1又は2
教養 知的財産特論 2 選択必修 1又は2
知財戦略特論 2 選択必修 1又は2
技術英語特論 2 選択必修 1又は2
技術英語表現法 2 選択必修 1又は2
Materials Science and Technology Overview 1 2 選択必修 1又は2
Materials Science and Technology Overview 2 2 選択必修 1又は2
Materials Science and Technology Overview 3 2 選択必修 1又は2
Materials Science and Technology Overview 4 2 選択必修 1又は2
イノベーション・チーム・ラボ 2 選択必修 1又は2
科学技術研究の倫理 2 選択必修 1又は2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択必修
(共通講義)
選択必修
(教養科目)
選択
16 2 2*1 10 30

*1 教養科目は2単位を超えて修得した単位は修了単位に含めない。

授業科目表(博士後期課程)

科目区分 授業科目 単位 履修方法 履修年次
専門必修科目 応用物理学研究(一) 10 必修 1
応用物理学研究(二) 10 必修 2
応用物理学研究(三) 10 必修 3
選択科目 博士共通特別講義 1 選択 1~3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
必修科目である「応用物理学研究(一)~(三)」の合計30単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査および最終試験に合格すること。
学位授与へのプロセスについてはこちらから確認してください。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
物性物理学 教授 小向得 優 誘電体
教授 齋藤 智彦 固体電子構造
教授 遠山 貴巳 物性理論
教授 宮川 宣明 超伝導物理
准教授 伊藤 哲明 磁性
講師 宮島 顕祐 光物性
応用物理学 教授 荒木 修 脳情報学
教授 岡村 総一郎 情報素子科学
講師 中嶋 宇史 情報素子科学
教授 髙柳 英明 低温電子物性
講師 住野 豊 ソフトマター物理学
講師 樋口 透 酸化物半導体
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
物性物理学 客員教授 有沢 俊一 超伝導工学
(物質・材料研究機構)
※教授 宮川 宣明
客員教授 俵 毅彦 量子光学・薄膜
(NTT物性科学基礎研究所)
※教授 宮川 宣明
客員教授 池田 伸一 材料科学
(産業技術総合研究所)
※教授 宮川 宣明
客員教授 大野 隆央 計算物理学
(物質・材料研究機構)
※教授 齋藤 智彦
客員教授 北澤 英明 強磁場物性
(物質・材料研究機構)
※教授 齋藤 智彦
客員教授 胡 暁 計算物理
(物質・材料研究機構)
※教授 荒木 修
客員教授 高野 義彦 超伝導物理
(物質・材料研究機構)
※教授 宮川 宣明
応用物理学 客員教授 相浦 義弘 固体電子物性
(産業技術総合研究所)
※教授 齋藤 智彦
客員教授 飯島 高志 圧電材料科学
(産業技術総合研究所)
※教授 岡村 総一郎
客員教授 石橋 幸治 ナノデバイス工学
(理化学研究所)
※教授 荒木 修
客員教授 和田 智之 フォトニクス
(理化学研究所)
※教授 岡村 総一郎
客員教授 小林 清 固体イオニクス
(物質・材料研究機構)
※教授 齋藤 智彦
客員准教授 齊藤 志郎 量子情報物理
(NTT物性科学基礎研究所)
※教授 遠山 貴巳
客員准教授 深川 弘彦 有機EL
(NHK放送技術研究所)
※教授 岡村 総一郎
客員准教授 藤崎 好英 フレキシブル液晶
(NHK放送技術研究所)
※教授 岡村 総一郎
地球物理学 客員教授 速水 洋 大気物理学
(電力中央研究所 環境科学研究所)
※教授 荒木 修
宇宙物理学 客員教授 玉川 徹 X線・γ線天文学
(理化学研究所)
※教授 齋藤 智彦
客員准教授 田中 孝治 宇宙エネルギー工学
(JAXA宇宙科学研究所)
※教授 齋藤 智彦

※は副指導教員を表す。

ページのトップへ