本学大学院における研究指導について

本学大学院では、学位論文の作成等に対して必要な指導(研究指導)を受けることが各課程の修了要件となっています。
研究指導は、各研究科・専攻における教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、「研究指導概要」、「研究指導計画書」に基づき実施しています。

研究指導概要(2019年度以降入学者対象)

「研究科単位」、「専攻単位」で、研究指導の方法やスケジュールの概要を明示したもの。
研究指導計画書作成以前に研究指導の方法やスケジュール等を学内外に広く明示すること、各研究科及び専攻の研究指導概要に基づき、学生1人1人の研究指導計画書を作成する体制を担保することで、本学大学院における研究指導の更なる明確化及び質の向上を図ることを目的としている。

理学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

工学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

薬学研究科

(博士課程4年制)

(修士課程)

(博士後期課程)

理工学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

基礎工学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

経営学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

生命科学研究科

(修士課程)

(博士後期課程)

研究指導計画書

本学大学院の修士課程、博士後期課程及び薬学研究科薬学専攻博士課程の各学生に対して、研究指導概要を基に、1年間の研究指導の方法、内容、計画等を明示するために毎年度作成するもの。
学生1人1人の研究題目に応じ、綿密な指導を行い、もって大学院教育における研究指導並びに修士論文・博士論文の質の保証及び向上に資することを目的としている。

【2019年度以降入学者用】

【2018年度以前入学者用】

ページのトップへ