理学研究科 応用数学専攻

専攻ポリシー一覧

[ディプロマ・ポリシー] 修了認定・学位授与の方針

  1. 修士課程においては、応用数学の活用を実践できる研究者、教員、高度専門職業人の養成を目標とし、所定の期間在学し、以下の知識・能力を身に付け、所定の単位を修得し、修士の学位論文の審査に合格した学生に対して修士(理学)の学位を授与する。
    • (1)応用数学の分野において高度な専門的学識と研究能力を持つことで、専門分野及び関連分野の諸問題を能動的に解決することができる能力。
    • (2)数学のもつ基礎と応用の両面の重要性を理解して、これを社会に普及、あるいは教授する能力。さらには、さまざまな分野に応用することで、科学の発展に貢献する能力。
    • (3)専門分野及び関連する分野における諸問題に対処することができるための教養と国際的な視点と対話能力。
  2. 博士後期課程においては、応用数学の分野で優れた研究・開発能力を持ち、研究・教育機関の中核を担う研究者、教育者の養成を目標とする。所定の授業の単位を修得し、博士の学位論文の審査に合格した学生に対して博士(理学)の学位を授与する。
    • (1)応用数学の分野において高度で深い専門的知識と自律的研究能力を持つことで、専門分野において自ら問題を発見あるいは設定し、これを解決するための新たな独創的研究手段を開発し、新たな知見を発見する能力。さらには、その専門分野における研究者や専門的職業人を指導する能力。
    • (2)数学のもつ基礎と応用の両面の重要性を理解して、これを普及・教授できるとともに、客観的・総合的な視点でコミュニケーションできる能力。さらには、数学にとどまらない広範な分野において、豊かな教養と高度な専門的能力を持つ職業人としてリーダーシップを発揮し、科学の発展に貢献する能力。
    • (3)専門分野及び関連する広い分野における国際的な問題に率先して対処するための教養と国際的な視点と対話能力。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針

  1. 修士課程においては、学部教育で養った教養、基礎学力、専門知識を基礎として、応用数学の活用能力の育成を実現するために以下の方針で教育課程を編成する。
    • (1)「専門科目」では、統計科学・計算数学・情報数理の3部門を設け、いずれか一つを主研究部門とする一方で、3部門を横断的に学習・研究することができるよう、各部門に多数の特論を配置する。
    • (2)「教養科目」では、幅広くかつ深い学識を養う授業科目、コミュニケーション能力と国際性を養う授業科目を配置する。
    • (3)「研究指導」では、文献の理解と指導教員との議論を通して、研究遂行に必要な知識と経験を修得する。研究成果を研究会、国際会議等で発表することにより、自身の研究成果を客観的に評価しかつ正しく効果的に表現する能力を身に付ける。2年間の研究成果を修士論文としてまとめ上げる過程で、研究内容を分析・評価・表現する能力を養う教育を行う。
  2. 博士後期課程においては、修士課程で養った知識と研究能力をさらに発展させ、応用数学の分野における自立した研究遂行能力と広い視野を獲得することができるように、以下の方針で教育課程を編成する。
    • (1)「研究指導」では、文献の理解と指導教員との議論を通して、研究遂行に必要な知識と経験を修得する。研究成果を研究会、国際会議等で発表することにより、自身の研究成果を客観的に評価しかつ正しく効果的に表現する能力を身に付ける。同時に、国外を含む研究者との交流を深め、国際的なコミュニケーション能力を育成する。3年間の研究成果を博士論文としてまとめ上げる過程で、研究内容を分析・評価・表現する能力を養う教育を行う。
    • (2)学際的な広い視野を培い、次代への展開にも対応できるように、他専攻の授業科目の履修を可能とする。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受け入れの方針

応用数学の研究・活用能力の育成を目指し、「理学の普及」と「実力主義」を求める厳格な教育を実践するという研究・教育の基本理念のもと、

  1. 修士課程においては、学士課程で養った専門的基礎能力と教養をもとに、統計科学・計算数学・情報数理と密接に関連した数学の分野において高度な専門知識・能力を持ち、科学の発展に柔軟に対応できる技術者・研究者・教員を目指す人。
  2. 博士後期課程においては、修士課程までに修得した専門知識と研究能力をもとに、統計科学・計算数学・情報数理と密接に関した数学の分野において自立した創造的研究を行う意欲のある人、研究成果をもと科学の発展に貢献する意欲のある人、国内外の多様な人々と共同して行う研究を通して国際的な視野を持って活躍しようという意欲のある人。

を広く求める。

【入試形態ごとの入学者に求める能力と、その評価方法】

(一般入学試験)
数学の専門知識と、知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、及び英語力を持つ人を、修士課程においては、書類審査、筆記試験(専門基礎科目、専門科目、英語)、面接等により選抜、博士後期課程においては、書類審査、修士論文についての口頭試問等により選抜する。
(推薦入学試験)
修士課程において、数学の専門知識、英語力、思考力及び表現力をもち、自ら研究を行う態度のある人を、書類審査、面接等により選抜する。
(社会人特別選抜、外国人留学生入学試験)
研究機関または企業等を経験した人、及び外国の大学で数学の基礎を身に付けた人を、修士課程においては書類審査、筆記試験(専門基礎科目、専門科目、英語)、面接等により選抜、博士後期課程においては、書類審査、修士論文についての口頭試問等により選抜する。なお、社会人特別選抜は博士後期課程においてのみ実施する。

専攻ページへのリンク

ページのトップへ