電子応用工学専攻

専攻紹介

現代産業の発展の原動力となっている電子工学の、産業分野への応用を追究するのが電子応用工学です。電子デバ イス、計算機システム、情報処理、計測制御などの科学技術の世界で、先端的役割を担った学問領域と言えるでしょう。

日進月歩を続ける電子工学の領域では、解決すべき問題が累積し、将来の産業社会の発展のために創造的な問題の解決を望む声はとどまることがありません。基礎工学研究科電子応用工学専攻では、そのようなニーズに応えることを目的とした教育・研究が行われています。

本専攻は、専門分野として電子デバイス、計算機システム、情報処理、計測・制御の4部門がおかれています。電子デバイス分野では、電子デバイス特論、電子物性特論などを修得し、電子応用機器やシステムの基礎について研究します。計算機システム分野では、コンピュータシミュレーション特論、ヒューマンインタフェース特論などを修得し、計算機システムを用いた様々な問題の解決について研究します。情報処理分野では、知識情報処理特論、情報伝達特論などを修得し、情報技術の基礎と応用を研究します。計測・制御分野では、計測制御工学特論、ナノテクノロジー特論などを修得し、センサー、加工、その応用に関して研究します。いずれの分野も、専門的立場から国際的トレンドを視野に入れて最先端の科学研究を行う教員のもと、広い視点で電子応用工学に必要な知識が修得できるよう配慮しています。必修科目である特別輪講は、それぞれの専門分野の外国語論文紹介によって科学技術論文の理解を深めると同時に、プレゼンテーション能力を身につけるような工夫が施されています。

また、多様なニーズや学問分野の発達に対応するため、電子デバイス分野および情報処理分野については、連携大学院方式により国立の研究機関と連携しています。

理念・目的・教育目標

電子応用工学専攻は、エレクトロニクスを基幹として、情報処理、計算機システム、計測制御、および電子デバイスなどの分野を有機的に連携させた広い視野で教育・研究を進めることで、幅広い知識と独創的能力を有した人材を育成し、新しい視点を持って工学の分野に寄与することを目的としています。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
電子デバイス レーザー工学特論1 2 選択 1又は2
レーザー工学特論2 2 選択 1又は2
電子デバイス特論1 2 選択 1又は2
電子デバイス特論2 2 選択 1又は2
電子物性特論1 2 選択 1又は2
電子物性特論2 2 選択 1又は2
電子物性特論3 2 選択 1又は2
マイクロ波デバイス特論1 2 選択 1又は2
マイクロ波デバイス特論2 2 選択 1又は2
計算機システム コンピュータシミュレーション特論 2 選択 1又は2
スーパーコンピューティング特論 2 選択 1又は2
バイオコンピューティング特論 2 選択 1又は2
計算機設計特論 2 選択 1又は2
情報処理 情報伝達特論 2 選択 1又は2
知識情報処理特論1 2 選択 1又は2
知識情報処理特論2 2 選択 1又は2
信号処理特論 2 選択 1又は2
ヒューマンインタフェース特論 2 選択 1又は2
計測・制御 計測制御工学特論 2 選択 1又は2
超音波工学特論1 2 選択 1又は2
超精密加工特論 2 選択 1又は2
ナノテクノロジー特論 2 選択 1又は2
生体電磁工学特論 2 選択 1又は2
非線形システム特論 2 選択 1又は2
音響工学特論 2 選択 1又は2
共通 電子応用工学特別講義1A 1 選択 1
電子応用工学特別講義1B 1 選択 1
電子応用工学特別講義2A 1 選択 2
電子応用工学特別講義2B 1 選択 2
電子応用工学特別輪講1 2 必修 1
電子応用工学特別輪講2 2 必修 2
電子応用工学特別演習1A 1 必修 1
電子応用工学特別演習1B 1 必修 1
電子応用工学特別演習2A 1 必修 2
電子応用工学特別演習2B 1 必修 2
電子応用工学特別実験1A 2 必修 1
電子応用工学特別実験1B 2 必修 1
電子応用工学特別実験2A 2 必修 2
電子応用工学特別実験2B 2 必修 2
教養 知財戦略特論 2 選択 1又は2
知的財産特論 2 選択 1又は2
技術英語特論 2 選択 1又は2
技術英語表現法 2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 1
:Metals
2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 2
:Inorganic Materials
2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 3
:Polymer Materials
2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 4
:Composite Materials
2 選択 1又は2
科学技術研究の倫理 2 選択 1又は2
イノベーション・チーム・ラボ 2 選択 1又は2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
20 10 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
博士特別研究1A 5 必修 1
博士特別研究1B 5 必修 1
博士特別研究2A 5 必修 2
博士特別研究2B 5 必修 2
博士特別研究3A 5 必修 3
博士特別研究3B 5 必修 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
30単位修得のこと。

教員一覧

専攻分野 担当教員 研究分野
電子デバイス 教授 常盤 和靖 超伝導材料工学
教授 藤代 博記 ナノ電子デバイス・光デバイス
准教授 生野 孝 ナノ電子材料
計算機システム 教授 佐竹 信一 シミュレーション工学
准教授 増田 信之 計算機工学
講師 安藤 格士 計算生物物理
情報処理 教授 相川 直幸 信号処理
教授 伊丹 誠 通信工学
教授 原田 哲也 ヒュ-マンインタフェ-ス
計測・制御 教授 谷口 淳 ナノテクノロジー
准教授 柴 建次 医用生体電子工学・電磁環境工学
講師 甲斐 健也 制御工学・ロボティクス
バイオ・
ナノテクノロジー
専攻融合分野
教授 相川 直幸 材料工学と画像工学
※教授 安盛 敦雄
(材料工学専攻)
教授 谷口 淳 ナノファブリケーションとナノメカニズム
※教授 向後 保雄
(材料工学専攻)
講師 安藤 格士 生命分子システムシミュレーション
※教授 田村 浩二
(生物工学専攻)
※准教授 十島 二郎
(生物工学専攻)
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
電子デバイス 客員教授 伊豫 彰 超伝導工学
(産業技術総合研究所)
※教授 常盤 和靖
客員教授 平山 秀樹 量子光素子
(理化学研究所)
※教授 藤代 博記
客員教授 前田 辰郎 半導体機能インテグレーション工学
(産業技術総合研究所)
※教授 藤代 博記
情報処理 客員教授 加藤 晋 ITSにおける運転支援システム
(産業技術総合研究所)
※教授 伊丹 誠
客員准教授 橋本 尚久 スマートモビリティ
(産業技術総合研究所)
※教授 伊丹 誠

※は副指導教員を表す。

ページのトップへ