薬学部

ヒューマニティと研究心にあふれた薬剤師と
最先端創薬科学を担う研究者・技術者を育成

薬学部は、「医薬分子を通して人間の健康を守る」という志を持った優れた薬剤師と研究者・技術者を育成することを基本理念としています。薬学科では、“ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成”、生命創薬科学科では、“最先端創薬科学を担う研究者・技術者の育成”を目指します。知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病の克服に尽力できる医療人・創薬人を両学科が協力して育成し、薬学の発展に寄与することを目的としています。その達成のために、薬学科および生命創薬科学科では、共通の基本的学問である生物学、化学、物理学、情報学を基盤とし、創薬科学、生命薬学、環境・衛生薬学、医療・情報薬学を融合的に展開します。生命と医薬分子の関係を総合的に理解できる専門知識を修得するとともに、問題を設定し解決する能力を有する人材の育成を教育・研究の目標としています。

学科一覧

学部長挨拶

薬に関わるすべての領域を学び、
世界も見据えた幅広いキャリアを実現する。

薬学と聞くと、「創薬」や「薬剤師」といったキーワードをイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし理科大で学ぶ薬学は、そうした画一的なものではありません。薬を作る前の病気のメカニズムや人体の仕組みから、薬を使う際の副作用や飲み合わせ、その後の効果に至るまで、まさに「薬の一生」を学ぶ学問なのです。6年制の薬学科、4年制の生命創薬科学科という2つの学科がありますが、それらが同程度の規模を持ち、相互に強みを活かしあいながら研究活動に励んで行けるのは、本校ならではの強みであり、より高い能力を持った人材を輩出していける秘訣でもあります。また医学部がないという理科大の特徴を活かし、複数の大学病院との連携を強化。医療現場における薬の必要性を、様々な視点から学べる機会を提供しています。今後、薬学部としては履修モデルの作成に力を入れて取り組み、将来の目標や夢に応じて今学ぶべきことをより具体化・明確化していく予定です。また国際性の強化を目標とした海外研修を導入。加えて交換留学などにも積極的にチャレンジしていくことで、世界へ羽ばたける人材の育成を目指していきます。薬学とは、薬剤師を目指すためだけの学問ではありません。薬に関わる様々な知識を包括的に学んでいきながら、自分らしい、自分にしか描けないキャリアを築いていって頂きたいと思います。

薬学部 学部長

宮崎 智

ページのトップへ