数学科

お知らせ(重要)

学科紹介

研究分野・対象

多くの学問の中で、数学は昔から現在に至るまで絶えず、基礎を支える学問として、それ自身の発展とともに多分野の成長にも寄与してきました。本学科は、自然科学、社会科学両面にわたって応用できる数学概念の明確な把握と理論の正確な運用を目指します。

学科の特徴

純粋数学から応用数学までの幅広い分野のスタッフを擁しています。また3,4年次で少人数のセミナーを開講し、深い理解と柔軟な思考力を培うことができます。野田キャンパス独自の特色ある図書館、演習室、計算機室などを含めて充実した研究ができるような設備が整っています。

学びの特徴

数学はユークリッドの時代には、すでに十分体系化された学問となり、以来現在に至るまで、数学自身に内在する論理性によって成長するとともに、その周辺の分野の諸科学から栄養分を摂ることにより、今日の姿をもつようになりました。数学にとって、その論理性は特に大切なものです。数学を学ぼうとする者は,物事をしっかりと厳密に考える必要があります。そのためには数学上の疑問をなおざりにせず、よく考えて理解に達するように努力することが大切です。数学で培った頭脳は、社会の各分野でも有用であり、これからの時代には大きく活躍が期待されています。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
基礎数学A・B及び演習
物理学I・II/化学/電子計算機及び実習I
数学研究基礎A・B
電子計算機及び実習II
数学研究I・II
卒業研究
解析学系
基礎解析学IA・IB及び演習
基礎解析学IIA・IIB
解析学IA・IB/複素解析学A・B
解析学II/常微分方程式論I・II/数理統計学I・II
解析学特別講義IA・IB・II・III/確率論I・II/解析学III/解析学と計算機
幾何学系
一般位相A・B
幾何学IA・IB
幾何学II
幾何学特別講義IA・IB・II・III/幾何学III
代数学系
線形代数学IA・IB及び演習
線形代数学IIA・IIB
代数学IA・IB
代数学II
代数学特別講義IA・IB・II・III/代数学と計算機/代数学III/情報システム数理/情報通信数理
教職科目
数学科教育論1・2

卒業研究

解析学系

数列や関数の列に対してその極限を考えることができます。解析学は、この極限の概念を用いて、変化する量を観察し研究する学問です。
相木研究室/牛島研究室/立川研究室/平場研究室/松本研究室/山崎研究室

幾何学系

広く図形をどうとらえるかに関係するのが幾何学ですが、必ずしも見える物だけを扱うわけではなく、もっと広く物の見方や考え方にも及びます。
大橋研究室/田中研究室/馬場研究室/廣瀬研究室

代数学系

足し算や掛け算など、演算の性質に注目して実数や複素数、ベクトルなどの構造を体系的に調べるのが代数学です。-(マイナス)に-を掛けるとなぜ+(プラス)になるのか。小学校以来の疑問に代数学は答えを与えます。
青木研究室/伊藤研究室/加塩研究室/小松研究室/八森研究室

2019年度 学修簿 卒業所要単位表

基礎科目 自由科目
基幹
基礎
専門
基礎
関連専門
基礎
必修 選択
必修
選択 外国語を学ぶ科目群「英語系」 自然を学ぶ科目群 人間と社会を学ぶ科目群 キャリア形成を学ぶ科目群 外国語を学ぶ科目群「初習外国語系」 領域を超えて学ぶ科目群
- 28 4 30 12 16 8 18 8 124

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 測量士
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 測量士補
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(情報)

教員一覧

進路

進路グラフ
2018年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

公務員、教育・学習支援業:国税庁税務署、茨城県公立高等学校、神奈川県公立高等学校、埼玉県公立高等学校、千葉県公立高等学校、東京都公立高等学校、神奈川県公立中学校、埼玉県公立中学校、千葉県公立中学校、東京都公立中学校、私立中学・高等学校
情報通信業:インテック、SCSK、NECソリューションイノベータ、さくら情報システム、野村総合研究所、富士ソフト、みずほ情報総研、三菱総研DCS
サービス業、金融・保険業:アクセンチュア、大和証券グループ本社、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ、三井住友信託銀行

ページのトップへ