理工学部

自然、環境、宇宙そして人、共に響き合う理工学部へ

事物の本質を探究する理学とその知見を応用する工学の連携のもとに教育・研究を展開し、新たな科学技術を創造することが、理工学部の基本理念です。この理念のもと、自ら発見し自ら解決できる、問題発見力(How to discover it!)と問題解決力(How to solve it!)を備えた学生の育成を目指します。理工学部は2017年に創立50周年を迎えました。今後の50年のあり方を示す“RESONANCE 共に響き合う理工学部へ。”をキャッチフレーズに掲げ、学科・専攻を超えた、多様性に富んだ先端的応用・基礎研究を推進します。具体的には、さまざまな分野に展開する10学科について、その特色を生かしつつ、4つの教育研究グループ(Computational Design、Things Design、Material Design、Space Design)と、それらを総合するSystem Designに分け、それぞれのグループがお互いに重なり合い、横断的で学際的な展開ができる組織にします。そして、各グループは、自然との共生(Nature)、環境(Environment)、宇宙(Space)、人(Human)の4つの分野を目指します。

学科一覧

学部長挨拶

理系の基礎力と横断的な教育・研究を通して、世界で活躍する人材を育成。

2017年に創立50周年を迎えた理工学部では、現在さまざまな改革を推し進めています。その核となるのが「世界に通用する基礎力」を備えた学生を育成することです。全学的なビジョン「日本の理科大から、世界の理科大へ」に対応して、世界のどこでも通用する基礎力を育むために、英語教育の強化、幅広い教養の修得、そして、理系の基礎の修得と専門科目の充実に力を入れています。また、2017年4月からは、“横断型コース”が実施されています。理学系から工学系までの10学科が集まった多様性のある理工学部で、その研究力をより加速させるため、学科や専攻を超えて幅広い分野から参加可能なコースとして設立しました。異なった分野からの知識やスキルを獲得できる体験を、参加する学生に提供できるでしょう。同時に、理工学部では、先端研究拠点であるリサーチパーク型キャンパスとして野田キャンパスの活性化にも努め、学内における研究交流や連携はもとより、国内外の研究機関や研究者との積極的な研究交流を図り、学生にとって刺激的でより魅力のあるカリキュラムを提供していきます。

理工学部 学部長

井手本 康

ページのトップへ