理工学部

お知らせ(重要)

自然、環境、宇宙そして人、共に響き合う理工学部へ

事物の本質を探究する理学とその知見を応用する工学の連携のもとに教育・研究を展開し、新たな科学技術を創造することが、理工学部の基本理念です。この理念のもと、自ら発見し自ら解決できる、問題発見力(How to discover it!)と問題解決力(How to solve it!)を備えた学生の育成を目指します。理工学部は2017年に創立50周年を迎えました。今後の50年のあり方を示す“RESONANCE 共に響き合う理工学部へ。”をキャッチフレーズに掲げ、学科・専攻を超えた、多様性に富んだ先端的応用・基礎研究を推進します。具体的には、さまざまな分野に展開する10学科について、その特色を生かしつつ、4つの教育研究グループ(Computational Design、Things Design、Material Design、Space Design)と、それらを総合するSystem Designに分け、それぞれのグループがお互いに重なり合い、横断的で学際的な展開ができる組織にします。そして、各グループは、自然との共生(Nature)、環境(Environment)、宇宙(Space)、人(Human)の4つの分野を目指します。

学科一覧

学部長挨拶

Nodaから世界へ
〜〜充実したSTEAM教育を提供し
横断的・融合的な教育・研究を通じて人間社会に貢献できる人材を育成

創立50周年を迎えた2017年に、6年一貫教育コースと大学院横断型コースをスタートさせました。これにより、それまで行ってきた英語力強化、幅広い教養の修得、専門基礎の確実な定着と充実した専門教育に加え、学科・専攻や分野の壁を超えた連携・融合により多面的な視野と多彩な能力を身につけられる教育体系となりました。
理工学部ではこのScience、Technology、Engineering、Liberal Arts、Mathematics の連携による充実した教育を Noda Research Campus にて施していますが、2023年からの創域理工学部への名称変更*に合わせて、一層充実したSTEAM教育を目指し改革が進行中です。
社会の変化の振幅が大きくなり先の見えにくい時代にあって、理工学部・理工学研究科で身につけることができる、自ら考え、発見し、解決する能力、全体を俯瞰し、対話を重ね協調し、連携しあう能力は大変重要であり、SDGsの各課題を解決していく強力なアイテムともなります。

*構想中であり、変更となる場合があります。

理工学部 学部長

伊藤 浩行

ページのトップへ