数学科

学科紹介

応用のきく数学家をめざして

理学部第ニ部数学科は、柔軟な思考ができ、意欲のある人に適した学科です。社会の様々な分野で、直接または間接的に数学的素養が必要とされる現代において、それらの要求に応えることができる人が必要とされています。本学科は、そのような人を育成したいと望んでいます。本学科では、解析学、代数学、幾何学、位相などの数学の基本的な分野はもとより、統計学、情報数学、離散数学などの、いわゆる応用数学の分野も充実しています。また、多数の中学校・高等学校教員を社会に送り出してきた伝統を踏まえ、教員育成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望にも応えています。

理学部には、専攻科(夜間)や大学院が設置されており、いっそう高度な技術者、教育者、研究者へと進む道も用意されています。

  1. マルチメディア時代に対応した情報数学
  2. 論理的に物事を考える態度と能力の育成
  3. 数学基礎力の充実
  4. 懇切丁寧な指導

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
情報数学序論A・B/数学概論
数学基礎A・B
プログラミングA・B
計算数学1A・1B/数学研究A・B/情報とマルチメディア/情報処理
計算数学2A・2B/データ処理A・B/情報表現技術/情報通信の科学/情報科教育法1・2/情報システム概論/ネットワーク概論/情報ネットワーク基礎/情報数学研究A・B/数学史/数学のための英語A・B/システムアドミニストレータ入門
卒業研究
解析学分野
解析学1
解析学2
解析学研究/微分方程式A・B/複素解析A・B
実解析A・B/関数解析A・B/解析学3A・3B
代数学分野
代数学1
代数学2
代数学研究
代数学3A・3B/代数学4A・4B/代数学特講A・B
幾何学分野
幾何学1A
幾何学1B・1C/幾何学研究/幾何学2A・2B
幾何学特講1A・1B/幾何学特講2A・2B/微分幾何入門A・B/応用解析A・B/多様体の幾何A・B
位相数学分野
位相数学1A・1B/位相数学研究A・B
位相数学2A・2B/位相数学特講1A・1B
確率論・統計学分野
統計学1
統計学研究/データサイエンス入門/データ解析入門
統計学2A・2B/応用統計学A・B/計算機統計学A・B/確率過程入門A・B/統計学特講A・B/データサイエンスA・B
離散数学分野
離散数学1A・1B
離散数学2A・2B
教育数学分野
教育数学特講1A・1B/数学科教材研究A・B/数学科指導法1・2/数学科教育論1・2

卒業研究

解析学分野

解析学はアルキメデスにその片りんが見られますが、17世紀の微分積分学の誕生以来本格的に発展しました。現在では、微分積分を普通の関数よりも広い対象にまで拡張して、さまざまな問題の解決に取り組んでいます。
伊藤研究室/齊藤研究室

代数学分野

代数学では、ベクトル空間、群、環、体など、何らかの演算が与えられている集合の性質を調べます。代数学はいろんな数学の”言葉”であるともいえます。例えば、定規とコンパスで角の3等分はできないことや、ボールと浮き輪が異なるといったことも代数を用いて厳密に記述することができます。
佐藤研究室

幾何学分野

幾何学はある変換族によって不変な図形の性質を調べるクラインの幾何に始まり、その後、一般相対性理論と融合してリーマン幾何学、ローレンツ幾何学、さらにシンプレクティック幾何学に発展しました。
佐古研究室/新田研究室

位相数学分野

ユークリッド空間の点と点同士が近いか遠いかという概念は距離を用いて記述でき、これによって写像の連続性が議論できます。このような概念を一般化したものが位相空間論です。また、位相幾何学では、連続変形で不変な図形の持つ性質を調べます。
佐藤研究室

確率論・統計学分野

一見無秩序な現象でも、何度も起こると規則性が現れることがあり、これは調査や予測に生かせます。またブラウン運動のように無秩序な力が絶えず加わる運動は、方程式から法則性を解明できます。
下川研究室/宮岡研究室

離散数学分野

離散数学の中のグラフ理論や離散幾何などを扱います。広く工学的な応用がなされている分野ですが、純粋数学的なアプローチで研究をしていきます。また、基本的には予備知識が必要ないことから、中学生や高校生にも理解させることが可能です。このメリットを生かして教育の中に離散数学を効率的に導入する方法なども考えます。
小谷研究室

教育数学分野

数学教員になるには、まず深い数学の理解が重要です。新鮮な数学的成果を教育の場で反映させるためには、教員自ら数学研究を続けなければなりません。数学教育の実践的手法を学ぶ一方で、数学研究を生涯続けていく土台作りを目指します。
佐古研究室

2020年度 学修簿 卒業所要単位表

専門
科目
基礎科目 一般教養科目 自由
科目
合計
専門
基礎
基幹
基礎
関連専門基礎 自然を学ぶ
科目群
人間と社会を学ぶ
科目群
キャリア形成を学ぶ
科目群
外国語を学ぶ
科目群
領域を超えて学ぶ
科目群
72 26 26 - 124

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 測量士
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(数学・情報)
  • ・ 測量士補

教員一覧

進路

進路グラフ
2019年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

情報通信業:インターネットイニシアティブ、NECソリューションイノベータ、大塚商会、TIS、DTS、東芝情報システム、富士ソフト、日立システムズ、三菱総研DCS、ヤマトシステム開発、LINE
教育・学習支援業:神奈川県公立高等学校、埼玉県公立高等学校、東京都公立高等学校、神奈川県公立中学校、埼玉県公立中学校、千葉県公立中学校、東京都公立中学校、私立中学校・高等学校
サービス業、金融・保険業:アクセンチュア、フューチャーアーキテクト、AIGジャパン・ホールディングス、住信SBIネット銀行、プルデンシャル生命保険

ページのトップへ