数学科

学科紹介

研究分野・対象

数学は紀元前から存在している歴史の長い学問です。しかし、その研究対象は整数のように初めから伝わるものばかりではなく、時代と共に新しいものも現れてきます。数学は生きていて、新しいもの、意外なものが生み出せる興味深い学問です。

学科の特徴

本学科は、伝統的に数多くの教員を社会に送り出してきており、教員育成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望に応えています。最近では、急成長を遂げるコンピュータ関連産業や情報産業のニーズに応じ、実業界において臨機応変に活躍できるように、その教育内容を充実させています。

学びの特徴

大学の数学は高校までの数学と異なるといわれることがあります。数学に対するイメージは人により少しずつ違いますから、大学での数学が高校時代のイメージとは違っていたという人がいるのは仕方がないことです。しかし、まず何が数学の本質なのかということを考えてみてほしいと思います。数学という学問は、最終的に実験によって理論を検証する物理や化学と異なり、自分の頭で理論を検証する必要があります。そして、他人との議論には自分の考えを正確に相手に伝えるための表現力が必要になるのです。計算力があるだけでなく論理的思考が好きだという人には、本学科は絶好の勉強の場を提供することができます。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
コンピュータ入門1・2
物理学1・2/化学1・2/生物学1・2
コンピュータ概論1・2
数学研究1・2
計算数学1・2/プログラミング1・2/情報システム概論/マルチメディア論/情報数学特別講義/ネットワーク概論
卒業研究
数学特別講義1~10
数式・図形・画像処理
代数学系
線形代数学1・2
代数学1・2
体とガロワ理論1・2/環と加群1・2
代数学3・4
幾何学系
論理と集合/幾何学基礎
幾何学1・2/位相1
位相2
微分幾何学1・2
幾何学3・4/幾何学特論1・2
解析学系
解析学の基礎/1変数の微分積分/多変数の微分積分
解析学1・2
積分論/関数解析/関数論/微分方程式論
解析学3・4
確率論・統計学系
数理統計学1・2
確率論1・2
数学教育系
数学科教育論1・2/教育数学

卒業研究

代数学分野

代数学は方程式を解くことから始まります。5次以上の方程式の一般的解法の非存在性は問題を抽象化して群論、環論、体論などを用いて示され、方程式系の解全体から代数多様体の理論が展開されます。
木田研究室/功刀研究室/眞田研究室

幾何学分野

幾何学はある変換族によって不変な図形の性質を調べるクラインの幾何に始まり、その後、一般相対性理論と融合してリーマン幾何学、ローレンツ幾何学、さらにシンプレクティック幾何学に発展しました。
小池研究室/山川研究室

解析学分野

解析学はアルキメデスにその片りんが見られますが、17世紀の微分積分学の誕生以来本格的に発展しました。現在では微分積分を普通の関数よりも広い対象にまで拡張して、さまざまな問題の解決に取り組んでいます
太田研究室/加藤研究室/田中研究室/横田研究室

確率論・統計学分野

一見無秩序な現象でも、何度も起こると規則性が現れることがあり、これは調査や予測に生かせます。またブラウン運動のように無秩序な力が絶えず加わる運動は、方程式から法則性を解明できます。
金子研究室

数学教育分野

小・中・高校で算数・数学を学んできました。それらの内容や指導法、さらに評価の仕方などの数学科カリキュラムについて、その歴史的な変遷や現状を考察し、これからの数学教育の在り方を探究します。
清水研究室

2020年度 学修簿 卒業所要単位表

専門
科目
基礎科目 一般教養科目 自由
科目
合計
専門
基礎
基幹
基礎
関連専門基礎 自然を学ぶ
科目群
人間と社会を学ぶ
科目群
キャリア形成を学ぶ
科目群
外国語を学ぶ
科目群
領域を超えて学ぶ
科目群
54 38 28 ※1 ※2 4 124
  • ※1.初習外国語系科目のA外国語4単位(選択必修)を含む。
  • ※2.「一般教養科目」の選択科目は4単位以上を3、4年次に履修することが望ましい。
    (3、4年次での履修推奨科目は一般教養科目授業科目表を参照すること。)

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭一種免許状(数学)
  • ・ 測量士(要実務経験)
  • ・ 高等学校教諭一種免許状(数学)
  • ・ 測量士補
  • ・ 高等学校教諭一種免許状(情報)

教員一覧

進路

進路グラフ
2019年度卒業生

主な就職先

教育・学習支援業:神奈川県公立高等学校、埼玉県公立高等学校、千葉県公立高等学校、東京都公立高等学校、栃木県公立高等学校、北海道公立高等学校、神奈川県公立中学校、東京都公立中学校、埼玉県公立中学校、私立中学校・高等学校、駿河台学園
情報通信業:伊藤忠テクノソリューションズ、NECシステム、NECソリューションイノベータ、NTTデータ、ジャステック、日鉄ソリューションズ
サービス業、金融・保険業:日本生命保険、みずほ証券、みずほフィナンシャルグループ、三井住友信託銀行、三菱UFJ 銀行

ページのトップへ