数学科

数学科オリジナルHP

学科紹介

研究分野・対象

数学は紀元前から存在している歴史の長い学問です。しかし、その研究対象は整数のように初めから伝わるものばかりではなく、時代と共に新しいものも現れてきます。数学は生きていて、新しいもの、意外なものが生み出せる興味深い学問です。

学科の特徴

本学科は、伝統的に数多くの教員を社会に送り出してきており、教員育成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望に応えています。最近では、急成長を遂げるコンピュータ関連産業や情報産業のニーズに応じ、実業界において臨機応変に活躍できるように、その教育内容を充実させています。

学びの特徴

大学の数学は高校までの数学と異なるといわれることがあります。数学に対するイメージは人により少しずつ違いますから、大学での数学が高校時代のイメージとは違っていたという人がいるのは仕方がないことです。しかし、まず何が数学の本質なのかということを考えてみてほしいと思います。数学という学問は、最終的に実験によって理論を検証する物理や化学と異なり、自分の頭で理論を検証する必要があります。そして、他人との議論には自分の考えを正確に相手に伝えるための表現力が必要になるのです。計算力があるだけでなく論理的思考が好きだという人には、本学科は絶好の勉強の場を提供することができます。

理念・目的・教育目標

現代社会を支える科学技術の基礎である数学を多面的に学ぶことによって、卒業後の進学、就職など、さまざまな進路において柔軟に対応できる能力を身に付けられます。また、数学の確実な専門知識を備えた教員の育成は本学科の伝統です。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
コンピュータ入門1・2 コンピュータ概論1・2 数学研究1・2 卒業研究
物理学1・2/化学1・2/生物学1・2 計算数学1・2 数学特別講義1~8
プログラミング1・2/情報システム概論/マルチメディア論/情報数学特別講義1・2/ネットワーク概論 数式・図形・画像処理
代数学系
線形代数学1・2 代数学1・2 体とガロワ理論1・2/環と加群1・2 代数学3・4
幾何学系
論理と集合 幾何学1・2/位相1 微分幾何学1・2 幾何学3・4/幾何学特論1・2
幾何学基礎 位相2
解析学系
解析学の基礎/1変数の微分積分/多変数の微分積分 解析学1・2 積分論/関数解析/関数論/微分方程式論 解析学3・4/解析学特論1・2
確率論・統計学系
数理統計学1・2 確率論1・2
数学教育系
数学科教育論1・2/教育数学1・2

卒業研究

代数学系

代数学は方程式を解くことから始まります。5次以上の方程式の一般的解法の非存在性は問題を抽象化して群論、環論、体論などを用いて示され、方程式系の解全体から代数多様性の理論が展開されます。
木田研究室/功刀研究室/眞田研究室

幾何学系

幾何学はある変換族によって不変な図形の性質を調べるクラインの幾何に始まり、その後、一般相対性理論と融合してリーマン幾何学、ローレンツ幾何学、さらにシンプレクティック幾何学に発展しました。
小池研究室/山川研究室

解析学系

解析学はアルキメデスにその片りんが見られますが、17世紀の微分積分学の誕生以来本格的に発展しました。現在では微分積分を普通の関数よりも広い対象にまで拡張して、さまざまな問題の解決に取り組んでいます
太田研究室/加藤研究室/田中研究室/横田研究室

確率論・統計学系

一見無秩序な現象でも、何度も起こると規則性が現れることがあり、これは調査や予測に生かせます。またブラウン運動のように無秩序な力が絶えず加わる運動は、方程式から法則性を解明できます。
金子研究室

数学教育系

小・中・高校で算数・数学を学んできました。それらの内容や指導法、さらに評価の仕方などの数学科カリキュラムについて、その歴史的な変遷や現状を考察し、これからの数学教育の在り方を探究します。
清水研究室

平成29年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
33 8 13 28 4 6 8 20 4 124

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭一種免許状(数学)
  • ・ 測量士(要実務経験)
  • ・ 高等学校教諭一種免許状(数学)
  • ・ 測量士補
  • ・ 高等学校教諭一種免許状(情報)

教員一覧

進路

進路グラフ
平成28年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

中学・高校教員、広島修道大学(助教)、アイコムシステック、アウトソーシングテクノロジー、アグレックス、ALBA、イーソル、SCSK、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTTデータ、NTTデータ・フィナンシャルコア、鹿児島銀行、かんぽ生命保険、キヤノンマーケティングジャパン、クロスパワー、京葉銀行、Cygames、さなる、シスコシステムズ、ジャステック、スターバックスコーヒージャパン、ソニー生命保険、大和証券グループ本社、筑波銀行、DTS、データウェアネットワーク、テラスカイ、テラバイト、東芝電波システムエンジニアリング、トリックスターズグループ、日本IBMソリューションサービス、日本学術振興会、野村総合研究所、パワーエッジ、PLMジャパン、広島銀行、ファルコン、富士通システムズ・イースト、富士フイルムメディカルITソリューションズ、ベイカレント・コンサルティング、平和、みずほ情報総研、三井住友海上火災保険、明治安田システム・テクノロジー、メディア情報システム、UTホールディングス、ワークスアプリケーションズ、国土交通省北陸信越運輸局、文部科学省、陸上自衛隊、千葉県佐倉市職員

ページのトップへ