応用数学科

学科紹介

研究分野・対象

現在の科学の発展に応用数学は大きく寄与しており、データサイエンス、人工知能、IoT 等を支える基盤としても欠かすことのできないものです。本学科は、このような幅広い分野に数学を応用するために必要な、対象を分析・理解し、抽出した問題を解決する数理的な能力を備えた研究者・技術者・教員・公務員を育てることを目標としています。

学科の特徴

本学科は理論と応用の両面を志向する数理学系学科として、1961年に全国に先駆けて開設されました。その後の情報社会の変化に伴って、現在では、情報技術(IT)のいかなる進歩に対しても、状況を的確に把握・分析して、自らの数理的・論理的思考力によって柔軟に対応できる研究者、技術者、教員、公務員(国家公務員総合職)等を数多く輩出しています。

学びの特徴

本学科の教育の特色としては次の点が挙げられ、大学院までを考慮した教育体制により、多くの学生が本学の応用数学専攻に進学しています。

  • 「統計科学」、「計算数学」、「情報数理」を柱とする充実した応用数学の専門教育。
  • 統計科学・計算数学・情報数理の理論と応用、さらにはコンピュータを用いた実践的教育。
  • 大学院(応用数学専攻)に直結したカリキュラム。
  • 情報処理技術者、アクチュアリーなど実用的な資格の取得支援。
  • 教育職員(数学・情報の免許状)養成のためのカリキュラムの充実。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
微積分1・2及び演習/線形代数1・2及び演習/プログラミング基礎1・2及び演習/コンピュータ入門/応用数学入門
物理学1・2/化学1・2/生物学1・2
応用数学特別講義4
続微積分1・2/続線形代数1/代数学
プログラミング1/情報処理基礎/有限幾何学/有限数学1/物理学特論1・2
応用数学研究1・2
続線形代数2/位相空間論1・2/複素関数論1・2/マルチメディア概論/ネットワーク概論/情報処理1
数学科教育論1・2/情報処理2/続解析学1・2/応用数学特別講義1・2・3
卒業研究
統計科学系
数理統計学基礎1及び演習
数理統計学基礎2及び演習
統計データ解析
数理統計学3・4/応用確率論1・2
多変量解析1・2/実験計画法1・2/データ処理
計算数学系
数値解析基礎1及び演習
数値解析基礎2及び演習
数値解析1・2/最適化理論1・2/微分方程式論1・2
数値解析3/関数解析1・2/オペレーションズ・リサーチ1・2/数理計画法1
情報数理系
コンピュータ数学基礎1及び演習
コンピュータ数学基礎2及び演習
計算代数/情報理論/符号理論
電子計算機特論/ソフトウェア科学1・2/計算幾何/有限数学2・3/アルゴリズム論/機械学習/人工知能/量子情報

卒業研究

統計科学系

不確定な現象を解析・予測する基本的な手法を探究する学問領域です。大量のデータの中から本質的な情報を取り出して分析・解析するために不可欠な手法の理論的基礎を与える確率統計を学習します。
黒沢研究室/瀬尾研究室/橋口研究室/村上研究室/柳田研究室

計算数学系

自然科学、社会科学のさまざまな現象を理解するための計算理論に関する学問領域です。計算アルゴリズムの設計・開発などについて、数理的基礎から応用・実践までを学習します。
石渡研究室/小笠原研究室/黒沢研究室/佐藤研究室/関川研究室/橋口研究室/松崎研究室/矢部研究室

情報数理系

理学的な立場で情報の本質を数理的に探究する学問領域です。急速に発展する情報技術を数理的に支えるための分野を、基礎的理論だけでなく、応用に至るまで総合的に学習します。
江川研究室/黒沢研究室/佐藤研究室/関川研究室/松崎研究室/柳田研究室

2019年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目 自由
科目
基礎科目 専門科目 一般教養科目
専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
必修 選択
必修
選択 必修
(英語)
選択※
18 6 4 23 21 20 8 20 4 124
  • ※「一般教養科目」の選択科目は4単位以上を3、4年次に履修することが望ましい。
    (3、4年次での履修推奨科目は専門領域外科目授業科目表を参照すること。)

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(情報)

教員一覧

進路

進路グラフ
2017年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

中学・高校教員、東京理科大学(助教)、アーク情報システム、朝日生命保険、伊藤忠テクノソリューションズ、岩手銀行、HIS、NECソリューションイノベータ、NECネッツエスアイ、NECフィールディング、NSSLCサービス、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTTコムソリューションズ、NTTデータフロンティア、NTT東日本、大塚商会、オービック、オリックス・システム、キーエンス、キヤノン、キヤノンITソリューションズ、京セラコミュニケーションシステム、新生銀行、ソフトバンクグループ、千葉興業銀行、電算、電通国際情報サービス、東芝ソリューション、日興システムソリューションズ、日産自動車、ニッセイ情報テクノロジー、日鉄住金テックスエンジ、日本IBM、日本電子計算、日本マイクロソフト、野村総合研究所、日立システムズ、富士通、富士通エフサス、フューチャーアーキテクト、プライスウォーターハウスクーパーズ、みずほ情報総研、三井住友海上あいおい生命保険、三越伊勢丹システム・ソリューションズ、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ヤフー、横浜銀行、楽天、ワークスアプリケーションズグループ

ページのトップへ