応用化学科

学科紹介

研究分野・対象

応用化学科では、私たちの生活を豊かにする新物質を生み出すために、基礎化学の理解に立脚して、有機化学、無機化学、物理化学の三つの分野に分かれて研究を行っています。新物質の設計から合成、物質が機能を発現するメカニズムも解き明かしながら、基礎科学の理解を応用研究に発展させて、バイオ、医薬、環境、エネルギーなどの各分野で役立つ応用化学を目指しています。各研究分野で、世界の第一線で活躍している教員が研究を推進しています。

学科の特徴

最終学年の1年間は研究室に所属し、卒業研究を教員の個人指導のもとに大学院生と共同で行います。これにより、独立して研究を行っていく能力を養います。このために、応用化学科はまず化学が好きで、その関心を自分の力でさらに深め、理学の側からそれを社会に役立てたいという積極的な学生を歓迎します。

学びの特徴

理学部応用化学科の目的は、時代のニーズに応じた研究を自分自身の手で行おうとする優秀な研究者、技術者を育てることです。これからの時代、化学はたくさんの隣接する科学の領域と密接な関連をもち、同時に社会における様々な産業分野とも深い関りをもっていくことになると考えられています。したがって、これからの化学者・技術者は、理学の深い基礎知識をしっかりと身につけるとともに、化学者・技術者としての立場から、知識や技術をいかに社会に応用していくかということについて広い視野をもつことが重要であるというのが、学科の理念です。本学科のカリキュラムは、この理念に基づいて計画されています。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
1年次化学実験/化学のフロンティア/化学1・2/数学1A及演習/数学1B及演習/数学2A及演習/数学2B及演習/物理学1・2/コンピュータ1A・B
生物学1・2
基礎物理学1・2
生化学1/一般化学実験
一般物理学1・2/物理学実験/生物学実験/地学実験1・2
生化学2/化学者のための電気及電子工学1・2/化学数学1・2/コンピュータ2/英語で考える化学1・2/地学1(岩石圏)/地学2(大気圏)
卒業研究防災安全特別講義
生化学3/分子細胞生物学/コンピュータ3/化学における特許戦略/化学情報管理/生物工学1・2/環境化学/特別応用化学実験/機器分析学1・2/化学工学1・2/安全科学/化学英語1・2/理科教育論1・2
卒業研究/化学総論1・2
有機化学系
有機化学1A・B
有機化学2・3
有機化学実験
応用有機化学1~4
無機化学系
無機化学1A・B
無機化学2A・B/分析化学1・2/理論無機化学/無機及分析化学実験
結晶学/電気化学/応用無機化学1~4/材料化学1・2/無機工業化学
物理化学系
物理化学1A及演習/物理化学1B及演習
物理化学2A・B/物理化学3A及演習/物理化学3B及演習
物理化学4A・B/物理化学実験
高分子化学/応用高分子化学/コロイド化学/応用コロイド化学/物性化学/反応速度論/光化学

卒業研究

有機化学系

私たち人間の体も含め、生体はすべて有機分子により構成されています。有機化学の分野では、さまざまな物質が研究の対象として取り上げられ、その成果を基に機能性分子や新薬の開発などが行われています。
川﨑研究室/椎名研究室/松田研究室

無機化学系

周期表のすべての元素を対象とし、単体および無機化合物の合成、構造、物性、反応などを研究する学問です。本学科では、材料化学、電気化学、考古化学、錯体化学などの分野、エネルギー・環境に関わる応用分野の研究が行われています。
工藤研究室/駒場研究室/貞清研究室

物理化学系

物理化学はあらゆる化学現象とそれに関連した生命現象など多くの現象に理論的な基礎を与えます。これらの現象を原子構造と化学結合や分子構造などの物質の微視的な構造ならびに物質の巨視的な性質である熱力学や状態論から理解します。
大塚研究室/鳥越研究室/根岸研究室/古海研究室/湯浅研究室

2019年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目 自由
科目
基礎科目 専門科目 一般教養科目
専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
必修 選択
必修
選択 必修
(英語)
選択※
16 16 6 38 4 12 8 16 8 124
  • ※「一般教養科目」の選択科目は4単位以上を3、4年次に履修することが望ましい。
    (3、4年次での履修推奨科目は専門領域外科目授業科目表を参照すること。)

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭1種免許状(理科)
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(理科)

教員一覧

進路

進路グラフ
2018年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

情報通信業:NTTコムウェア、キヤノンITソリューションズ、サイバーコム、サン・エム・システム、システナ、東京海上日動システムズ、野村総合研究所、日立ソリューションズ、みずほ情報総研、三菱ケミカルシステム、ワークスアプリケーションズ
サービス業:アクセンチュア、東邦ホールディングス、東洋ビジネスエンジニアリング、特許事務所、日立システムズ、みずほフィナンシャルグループ
卸売・小売業、化学工業:一般社団法人日本血液製剤機構、ジョンソン・エンド・ジョンソン、富士フイルムメディカル、Meiji Seika ファルマ

ページのトップへ