理学部第一部

これからの科学技術の創造を支える力の源泉として、
多方面に極めて多くの人材を輩出

理学部第一部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と、「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。理学とは、自然界に存在するさまざまな物質や諸現象について、それらの本質を見極めその背景にある法則を発見して自然に関する真理を探究する学問です。今日では工学、情報科学、薬学、生命科学さらには社会科学などの諸分野へ応用され、それぞれの分野の発展を支えています。本学の理学部第一部は基礎学問だけではなく、応用理学がバランスよく配置されているのが特徴です。そして、基礎系学科と応用系学科の連携は、教育面・研究面においても浸透しています。理学部第一部は、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」を教育目標に掲げています。

学科一覧

理念・目的・教育目標

理学は自然界の普遍的真理を解明することを目指し、自然界にある法則や基本原理を探求する学問であり、人類の自然観を絶えず進化させ文明社会の基盤を築きあげてきました。この理学の理念の下、理学部第一部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。

ますます発展・変動している社会情勢の中で、理学部第一部は、現代社会が求める新しい「科学技術の創成」へ向けて、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身につけ、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」という教育目標を掲げ、専門的学力と問題解決能力に加え、人倫をわきまえた人間性豊かな確固とした信念と実力を備えた人材を育成することを目的としています。

学部長挨拶

十分な基礎学力をベースに、
専門分野を探求できる教育環境。

最近、「人の役に立つ研究をしたい」という思いを持って理学を志す学生が増えています。そんな彼らも入学後の最初の一年で、基礎学問・基礎研究の大切さを実感するようになります。基礎的な学問を身に付けておけば、例えば卒業後に企業で研究開発などに従事する際にも、的確な対応・判断が可能になるのです。
また、21世紀は複数の専門分野を包含して新しい研究領域を形成していくことが求められています。そのためにはまず、自らが選んだ専門分野を極めてほしいと思います。理学部第一部では、学年ごとの教育課程を体系的に編成しており、十分な基礎学力の上に、各々の専門分野を系統的に学べるようになっています。
理学の面白さを学生に伝えるために、教員もいろいろな工夫をしています。この点は学生にも評価されており、卒業生を対象にしたアンケートでは、教育内容やカリキュラムへの満足度が極めて高いという結果が得られています。
理学の世界では今後、異なる専門分野の人と意見交換を行ったり、共同で研究に取り組んだりする機会がますます増えてきます。そこではコミュニケーション能力と、主体性を持って学ぶ姿勢、そして研究者・技術者としての豊かな人間性が大切になります。理学部第一部はこうした人材を育て、社会に送り出すための取り組みを継続していきます。

理学部第一部 学部長

築山 光一

ページのトップへ