工学部第二部 建築学科

学科ポリシー一覧

[ディプロマ・ポリシー] 卒業認定・学位授与の方針

  1. 実力主義の伝統を堅持しつつ、高い専門性、倫理観、国際的な視野を獲得していること。
  2. 幅広い建築学に関する基礎的科目をもれなく修得し、「専門科目」を多数履修し横断的にものごとを俯瞰できる能力を修得していること。
  3. 卒業研究においては、自ら課題を発見しそれに対して設定した問題に調査・実験等を行い、適切な解決方法を見出していること。卒業設計においても、自ら課題を発見しそれに対して設定した設計要件に関して、建築に関する知識を総合化し問題を解決した建築計画を設計図書等として表現していること。
  4. 将来建築士となるにふさわしい、有意義な人材として育っていること。
  5. 学則に定められた卒業単位を修得し、十分な専門的知識と技能を身に付けると共に、豊かな創造性と人間性を持った学生に育っていること。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針

  1. 真に実力を身につけた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統を堅持しつつ、建築に関わる幅広い講義・演習科目を開講し、建築学の基礎から実務への応用力を修得できるカリキュラム編成としている。特に、設計演習の時間を豊富に設け、建築設計の基礎が確実に身につく構成としている。
  2. 「専門科目」の履修が本格的になる2年次への進級条件として、物理、数学、英語に関する基礎的実力を必須としている。また、4年次の卒業研究・卒業設計を着手するために必要な履修科目(基礎、一般、専門)等の条件を設定している。
  3. 建築設計者としての倫理観を涵養し、キャリアの実態を把握するための講義演習を用意している。
  4. 編入学生(2年次又は3年次)に対応して、卒業までの履修計画に支障がないように、「専門科目」の開講学年を工夫している。
  5. 研究室配属となる4年次の卒業研究、卒業設計の指導においては英語のテキスト購読を課して英語力の向上を目指す。
  6. 卒業要件の一つとして、卒業研究、又は、卒業設計のいずれかを必須として、修得した建築学の知識を総合化する機会を確保している。
  7. 社会人への学びやすい環境を目指し原則として、平日18時以降及び土曜日の授業開講により4年間での卒業が可能な体制を維持する。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受け入れの方針

  1. 建築に興味を持ち、建築学を学ぶための素養として、数学、物理、美術、語学等の科目の少なくとも一つに優れた能力を持つ人を求める。
  2. 社会人として建築に携わりながら、より高いレベルの建築学を学ぼうとする人を求める。
  3. 建築とは直接関係しない仕事による経験、又は、文科系を含めた他分野の大学課程履修を生かし、建築学を新たに学ぼうとする人を求める。
  4. 自ら学び、自ら考え、建築を実現する能力を獲得しようとする人を求める。

学科ページへのリンク

ページのトップへ