薬学部-生命創薬科学科

樋上研究室
専攻分野 病態生理学/病理学
研究分野 老化生物学/薬物代謝学
研究内容 2050年の我が国は、三人に一人が、65歳以上のお年寄という超高齢化社会になるといわれています。私たちは、ラットやマウスを用いて、お年寄りへの安全な薬剤投与に関する基礎的な研究を行っています。また長寿モデル動物の解析から、老化を制御(アンチエイジング)し、老化に伴って発症する様々な疾患を予防し、健康寿命の延伸を図るアンチエイジング薬剤の開発を目指します。
研究テーマ 1.カロリー制限等長寿を示すほ乳類における寿命延長メカニズムの解析
2.カロリー制限模倣体薬物の開発
3.老齢ラットやマウスでの薬物代謝の解析
ホームページ

ページのトップへ

学部・大学院