機械工学科

学科紹介

研究分野・対象

本学科では先端の機械技術を駆使できるエンジニアリングセンスを養います。もの作りや機械いじりに興味がある人、現代社会が抱える環境、エネルギー、医療などの諸問題に関心がある人、企業の経営やコンピュータなどの分野で活躍したい学生を歓迎します。

学科の特徴

入学当初より、チューター制度によるこまやかな指導体制が確立しています。コンピュータ教育ではプログラミング教育に加え、コンピュータを用いた設計(CAD)、工学解析(CAE)の設計も導入されています。専門科目のほとんどは選択科目で、学生自身による自主的な学習選択を尊重しています。

学びの特徴

エネルギー関連やアルミなど素材関連、コンピュータ、情報通信、食料、バイオテクノロジー、建設、商社、金融、証券など世のあらゆる産業と機械技術との関連は深く、機械技術者の活躍する分野は広大です。また、宇宙往還機、ロボット、未利用エネルギーの有効活用など最先端の技術の開発などには、機械技術者がその多くを担っています。機械工学を学んだ者が、現代および未来社会を支える基盤となることは間違いありません。 本学科は、実験、実習、製図などの“能動的科目”を多く組み込み、学生全員に機械工学の基礎、そして創造的な学力を習得し、信頼ある機械技術者に育成することを目標としています。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次 2年次 3年次 4年次
線形代数1・2/微分積分1・2/物理学1・2・3/化学A・B/機械工学通論A・B/コンピュータグラフィックス及び演習/一般物理実験/材料力学基礎及び演習
材料科学/数学演習1・2
確率・統計学/機械製図1/機械工作実習/工業数学1及び演習
工業数学2及び演習
量子論と統計力学
機械製図2A・2B/機械工学実験
計算工学1・2
電気・電子工学/知的財産概論/技術者倫理/工業数学3/技術英語1/技術英語2
卒業論文1・2
熱・流体工学分野
流体力学及び演習/基礎熱力学及び演習
熱・物質移動学
粘性流体力学/応用熱工学/数値熱流体工学
流体機械/燃焼工学/圧縮性流体力学/エネルギー変換工学
材料・構造力学分野
機械材料学/材料力学応用及び演習
弾性力学
材料強度学/塑性力学/非線形有限要素解析
塑性加工学
知能機械・機械力学分野
機構学/工業力学及び演習
機械力学及び演習
自動制御
ロボット工学/振動学/センシング工学/自動車工学/ロボットメカトロデザイン
設計・製法分野
機械設計1
計測学/機械製作学
機械設計2
機械加工学
製品設計/生産工学/トライボロジー

卒業研究

熱・流体工学分野

航空機、自動車、船の周りの空気や水の流れ、ガソリンエンジン、ジェットエンジン、発電プラント内の高温・高速流動など、熱と流れに関わる諸現象とエネルギー機械への応用を勉強します。
石川研究室/後藤田研究室/元祐研究室/山本研究室

材料・構造力学分野

自動車、航空機、ロボットなどを作るために、金属、セラミックス、プラスチックなどの材料の特性、強度などを学び、部材に加わる力を計算して壊れにくい形や寸法を決めるための勉強をします。
荒井研究室/井上研究室/牛島研究室

知能機械・機械力学分野

ロボットやメカトロニクスに代表されるこの分野は、物を作って動かしたり、動きの解析をします。技術立国日本を支えてきた、日本の技術力の原点・根幹に関わる領域です。
小林研究室/橋本研究室/林研究室

設計・製法分野

自動車やロボットなどの機械製品を作るためには、それらに必要な部品の形状や強度、機能を発揮させるためのメカニズムを考え、さらにそれらを製作する方法を決定する必要があります。これらの過程を機械設計、機械製作といいます。
佐々木研究室/宮武研究室

2020年度 学修簿 卒業所要単位表

専門
科目
基礎科目 一般教養科目 自由
科目
合計
専門
基礎
基幹
基礎
関連専門基礎 自然を学ぶ
科目群
人間と社会を学ぶ
科目群
キャリア形成を学ぶ
科目群
外国語を学ぶ
科目群
領域を超えて学ぶ
科目群
66 34 30 - 130

教員一覧

進路

進路グラフ
2019年度卒業生

主な就職先

機械器具:いすゞ自動車、オリンパス、カシオ計算機、カルソニックカンセイ、キヤノン、ジヤトコ、SUBARU、セイコーエプソン、竹中製作所、ディスコ、トヨタ自動車、日産自動車、日本精工、日立製作所、日野自動車、ホンダ、三菱重工業、ミツトヨ、安川電機
情報通信業:エイベックス・グループ・ホールディングス、NECネッツエスアイ、NTTデータ、時事通信社、電通テック、デンソーテクノ、日本IBM、三菱総研DCS
運輸・郵便業、化学工業、電子部品:ANA、花王、首都高速道路、JAL、ジョンソン・エンド・ジョンソン、大正製薬、TDK、ヒロセ電機、ミネベアミツミ

ページのトップへ