情報工学科

情報工学科オリジナルHP

学科紹介

研究分野・対象

情報工学科では、社会工学的観点からシステムを見直し、安全安心な社会の実現を目指すソーシャルシステムを設計する「ソーシャルデザイン」、様々な現象を理解するために、データを科学的に分析し、様々なシステムに応用する「データサイエンス」、高度なセキュリティを備えた情報ネットワークの実現とネットワーク社会に対応した技術を創出する「ソフトウェアデザイン」、人間の知的特性を把握した上でシステムを見直し、人に優しい情報技術を開発する「インテリジェントシステム」の4分野を柱として、新しい時代の情報システムの研究開発を行います。4分野は相互に密接に関連しているため、4分野の共通基礎をソフトウェア、ネットワーク、数理として、4分野の繋がりを重視しつつ、学際的な研究も行います。

学科の特徴

情報工学科は、豊かな未来社会のために、情報技術はどのように貢献できるかを考え、自然・人間・社会の調和的発展を目指します。現代社会には大量の情報が存在します。それを処理するためには、情報処理技術だけでなく高度なセキュリティ技術が必要で、高度セキュリティ技術の開発は現代社会の重要な課題となっています。こうした時代に求められるのは、ネットワーク技術とソフトウェア技術を融合させ、現代社会の問題を数理的科学的に分析し、分析結果を踏まえて情報の効率的な活用をはかり、安全安心な社会のための情報システムの創出を行うことです。情報工学科は、現代社会における課題を解決し、安全安心な社会づくりに寄与することを目指します。

学びの特徴

「情報を活かして未来のしくみをデザインする」力を養うことが、情報工学科の学びです。そのために、1・2年次には数学・物理及び情報工学の基礎を学び、3年次には、「ソーシャルデザイン」「データサイエンス」「ソフトウェアデザイン」「インテリジェントシステム」の4つの専門応用領域を全員がバランスよく学び、4年次には、研究室に所属して、それぞれの専門性を活かして卒業研究に取り組みます。卒業研究では、その過程を通して課題解決能力やコミュニケーション能力など、社会的能力を高めます。また、グローバル社会で通用する外国語能力を養えるような学びを用意していることも特徴です。

理念・目的・教育目標

情報工学は、人間性豊かな社会の実現とその発展のために必須のもので、多種多様なメディア情報を創生・伝達・処理する新原理・新技術を創成、具現化することにより、豊かな未来社会の構築に貢献し、自然・人間・社会の調和した活動の基盤を創出・保全します。本学科では、ネットワーク技術、ソフトウェア技術をはじめとする情報工学の基礎を身に付け、各種の要素技術を融合し、人と社会に有名なシステムをデザインし、安全・安心な社会にするための技術開発と社会づくりを行う能力を育成します。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次 2年次 3年次 4年次
微分積分1・2/線形代数1・2/物理学1・2/離散数学及び演習/情報工学概論/計算機工学/情報処理演習/技術者倫理/キャリアデザイン/プログラミング工学/プログラミング演習1/工学基礎実験 確率統計1/応用数学A及び演習/応用数学B及び演習/論理回路/情報工学実験1/プログラミング演習2/計算理論及び演習/ネットワークデザイン/情報工学実験2/データ構造とアルゴリズム 計算機アーキテクチャ/オペレーティングシステム/情報工学実験3/応用情報工学演習 卒業研究
数値計算/モデリング理論/線形システム論/信号処理/ディジタル通信工学/コンパイラ 技術英語2
数学演習1・2 電気電子回路/確率統計2/情報理論/オブジェクト指向開発 技術英語1/データベース
ソーシャルデザイン系
数理計画法 オペレーションズリサーチ
知的財産法/ソーシャルデザイン/教育システムデザイン
データサイエンス系
多変量解析/パターン認識
時系列解析/医薬統計/データマイニング
ソフトウェアデザイン系
ソフトウェア工学/メディアデザイン
ヒューマンインタフェース/情報セキュリティ/ネットワークコンピューティング
インテリジェントシステム系
シミュレーション論/人工知能論
音声・音響処理/画像処理/生体情報工学

卒業研究

ソーシャルデザイン系

ソーシャルデザイン(社会設計)的な立場で、現代の解決すべき課題に取り組みます。広く情報技術を応用し、教育、流通、医療・健康、災害対策などのシステムをデザインするとともに、これらに伴う新たなビジネスモデルを創出することが主なテーマです。
赤倉研究室/谷口研究室/宮部研究室

データサイエンス系

さまざまな現象を理解するために情報を収集・分析します。そのために統計的手法や数理解析の手法を駆使し、データ量が飛躍的に大きいビッグデータを科学的に処理し、モデルを構築してさまざまなシステムに応用していくことが主なテーマです。
塩濱研究室/寒水研究室/浜田研究室

ソフトウェアデザイン系

ユビキタス社会の実現など、多様な情報化社会を支える基盤技術として、高度なセキュリティを備えた情報ネットワークの高性能化・高機能化の実現を目指します。新しい分散処理、クラウド技術などを提案することが主なテーマです。
池辺研究室/藤沢研究室/八嶋研究室

インテリジェントシステム系

人間の活動を真に支援するために、人間の知的特性を分析・把握し、システムデザインを行います。学習機能を有するロボットや人間の生体情報を考慮した信号処理技術、メディア技術の高度化と新技術の創出が主なテーマです。
池口研究室/太原研究室/藤井・立川研究室/古川研究室/渡邉研究室

平成28年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
33 22 12 19 12 8 22 128

教員一覧

進路

主な就職先(大学院生含む)

ソーシャルデザイン系では、ヒューマンコミュニケーション能力を生かし、情報系企業はもちろん、金融、保険、運輸、マスコミ関連 企業など、データサイエンス系では、情報系企業、統計的知識を生かせる薬品メーカー、金融系企業でのデータアナリストなど、ソフトウェアデザイン系では、情報系企業、電気電子企業、電力系企業など、インテリジェントシステム系では、情報系企業、特にネットワーク事業を展開している企業などが考えられます。また、より深く学び、研究したい学生は大学院へ進学します。

ページのトップへ