電子応用工学科

電子応用工学科オリジナルHP

学科紹介

研究分野・対象

コンピュータ、情報処理、通信、計測、制御、生産、運輸、建設などあらゆる工学の分野で、また医療、福祉、流通など工学以外の多くの分野で求められている、電子工学の基盤技術および先端技術を研究・教育することを目的としています。

学科の特徴

学問研究においても産業界においても世界の最先端の水準で研究が進んでいます。将来は国際的に通用する技術者となって活躍するために英語力は必須との観点から、英語教育を特に重視しています。3年次で技術英語、4年次で論文輪講という科目を設けて、専門分野で使える英語も学びます。

学びの特徴

1年次には北海道の美しい大自然に囲まれた長万部キャンパスで、数学、物理、化学、コンピュータ演習などの基幹基礎科目や英語、人文科学、体育実技などの一般科目の大部分を学びます。2年次からは2013年4月に開設された葛飾キャンパスで電気数学、電磁気工学、電気回路などの専門基礎科目や、電子デバイス、情報処理、コンピュータシステム、計測制御と機械システムなど、エレクトロニクスの基礎と応用に関する専門科目をバランスよく学びます。講義に加え、電子応用工学実験および演習を通じて、学習した教科の理解を深められるようになっています。さらに、4年次の卒業研究では、各研究室に配属され、それぞれの分野での第一線の研究が体験できます。

理念・目的・教育目標

電子応用工学科は、「エレクトロニクスを基幹として、デバイス工学、情報工学、計測・制御工学等工学の全般に亘る確固とした基礎学力と応用力を醸成する」という教育研究理念のもと、「創造力と国際性を兼ね備え、広く人類社会に貢献できる人材を育成する」ことを教育目的としています。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次(全寮制) 2年次 3年次 4年次
基礎工学実験1・2/微分積分学1・2/線形代数学1・2/力学1・2/化学1・2/プログラミング基礎1・2 電気回路1・2及び演習/電磁気工学基礎及び演習/電気数学1・2及び演習/電子応用工学実験1A・1B/電磁気工学および演習/プログラミング及び実習1・2/論理回路/計測基礎/コンピュータシステム1/エレクトロニクスの基礎1・2 電子応用工学実験2A・2B/制御工学1/情報通信基礎/電子回路1 卒業研究/論文輪講
数学演習1・2/基礎工学セミナー/数学基礎演習 電子物性1・2
技術英語
電気統計学
知的財産概論
電子デバイス系
電子デバイス1・2 集積回路工学/光エレクトロニクス
デバイスプロセス
情報処理系
電気回路3/情報伝達 情報通信工学
電波工学/ディジタル処理論
計測・制御系
精密加工法 電子回路2/制御工学2 メカトロニクス
電気機器学/電子計測/機械システム設計
計算機システム系
論理回路設計/システム工学/コンピュータシステム2/情報処理 画像工学/人間情報工学
コンピュータシステム3/数値計算法
学際系
材料力学 生物工学概論/有機化学1・2

卒業研究

電子デバイス系

物質中の電子は光、熱、電場や磁場に感応してさまざまな性質を示します。逆に、その性質を利用してそれらを発生させることもできます。そのような機能的な性質を発揮するように創られた物質が電子デバイスです。
生野研究室/常盤研究室/藤代研究室

情報処理系

信号処理、通信、ヒューマンインタフェースを中心として構成されています。これらの技術は、現代社会において、人と機会あるいは人と人を結び、人々の生活を豊かにするための技術として非常に重要です。
相川研究室/伊丹研究室/原田研究室

計測・制御系

自動車の速度を目標値に保つために、タコメーターなどで車速を測定し、それと目標値を比較し、その差に応じて制御器(マイコン)でエンジンの出力を操作することなどが計測と制御です。
甲斐研究室/柴研究室/谷口研究室

計算機システム系

現在、コンピュータは至るところで使われ、しかも有機的につながりつつあります。高度に発達したハードウェアと基本・応用ソフトウェアにより、システムとして今日の情報化社会を支えています。
安藤研究室/佐竹研究室/増田研究室

平成29年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 基幹
基礎
専門
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
35 16 16 18 12 10 18 4 129

教員一覧

進路

進路グラフ
平成28年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

東京理科大学(助教)、IHI、アルパイン、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTデータアイ、NTTデータ先端技術、NTT東日本、オリエンタルモーター、キヤノン、KDDI、小松製作所、サンディスク、JR東海、JR東日本、JR東日本情報システム、JR北海道、スズキ、スタンレー電気、ソニー、ソニーイーエムシーエス、ソフトバンクグループ、ソフトバンクモバイル、大和証券グループ本社、千葉銀行、TDK、テクノプロ、東海理化、東京エレクトロン、東京電力、東和エンジニアリング、凸版印刷、トヨタ自動車東日本、豊田自動織機、日産車体、日本郵船、日本IBM、日本総合研究所、野村総合研究所、浜松ホトニクス、日立システムズ、日立製作所、日立ソリューションズ、ファナック、富士通、富士通エフサス、富士電機、ホンダ、みずほ情報総研、三菱自動車工業、三菱重工業、三菱電機、三菱電機エンジニアリング、三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション、山崎製パン、ヤマハモーターエレクトロニクス、楽天、LIXIL、東京都職員

ページのトップへ