海外留学に関心がある方へ

海外留学プログラム

本学では国際化戦略に基づいて、活発な国際交流を行っています。
学生の海外留学支援のため、本学留学プログラム参加者に、英語能力試験受験費用、渡航費、滞在費等の補助を行っています。費目・金額・支給要件は、プログラムにより異なります。

※海外留学先国(地域)の社会情勢や海外留学先の諸事情、個人事情によりプログラムの中止・延期・途中帰国等とする場合があります。

● 海外留学プログラム一覧

本学が実施する海外留学プログラム参加者全員に、J-TAS(海外留学生安全対策協議会 トータルアシスタンスサービス)を無償で提供しています。申込手続は本学にて一括で行います。「たびレジ」へも自動登録されますので、滞在中の情報は「たびレジ」にてよく確認してください。

※「在留届」についてはご自身で登録してください。

● J-TAS概要

役に立つ留学情報

本学へ留学希望の方へ

● 外国人留学生入学試験

授業料、奨学金について

授業料一部不徴収制度、教科書補助などの各種支援、学外の各種奨学金についてご案内します。

保険について

医療機関に係る際、保険に加入していないと、高額の費用を支払うことになります。自国で保険に加入している方は届出をし、その保険が日本滞在中の疾病・傷害の医療費用に適用されない場合は、渡日前に海外旅行傷害保険に加入することをおすすめします。
なお、3ヶ月以上日本に滞在する方は、日本の公的な医療保険に加入しなければなりません。詳しくは以下<国民健康保険>をご覧ください。

国民健康保険

2012年7月の在留管理制度の変更に伴い、日本に中長期滞在者として3ヶ月以上滞在する方は、日本の公的な医療保険に加入しなければなりません。保険に加入すると保険証が発行されます。加入者は病院で保険証を提示すると、診療費の3割を支払うことになります。病院に行くときは、必ず保険証を受付で提示してください。居住地以外でも使えます。

例 : 医療費 10,000円の場合

医療費総額 10,000円
国民健康保険補助 70%
7,000円
医療機関に支払う金額
(自己負担額)
3,000円

手続きする場所

  • 居住地の市役所等

必要条件

  • 3ヶ月を超える在留資格があること
  • その他の条件については、居住地の市役所等に確認してください
    ※居住地の届出をするときに、同時に手続をしてください。

必要書類等

  • 旅券(パスポート)及び在留カード

保険料の支払

  • 保険料は1年ごとに前年の収入などから計算して決められます。6月頃に通知書が届きますので、各種方法(金融機関等にて納付書で支払、口座振替)にて納めてください。

注意事項

  • 他人との間で貸し借り、売買は法律で禁じられており、罰せられます。
  • 転居したときは、必ず2週間以内に元の居住地の市役所等に転出を届け出、転居先の市役所等に転入を届け出てください。
  • 有効期限が過ぎた保険証は使えませんので、居住地の市役所等で新しい保険証に交換してください。

保険証を持たないで病院へ行ったときは、いったん費用の全額を支払うことになります。病院で発行された領収書、明細書と保険証を市役所等に持参し手続きをすると、後日審査の後、診療費の7割が戻ってきます。

宿舎について

在留資格関連

● 在留資格関連

日常生活に関する情報

日本で生活する際、必要な各種情報(警察、病院、交通機関、郵便局等)をご案内します。

ページのトップへ