内部質保証

本学の教育・研究等が適切な水準にあることを自らの責任において保証するため、「東京理科大学内部質保証推進規程」を制定し、かつ内部質保証の方針を定めた上で、自己点検・評価を基盤とする内部質保証推進体制を構築しています。
学長のもとに本学の内部質保証推進に責任を負う組織として、大学質保証推進委員会を設置し、内部質保証の方針に基づく自己点検・評価の基本方針の策定、改善結果の点検、改善事項の監理、結果の公表等を担います。
本学の自己点検・評価の実施を担う組織として、自己点検・評価委員会を設置し、自己点検・評価の実施方針の策定及び実施体制の構築、学部・研究科、機構、その他本学を構成する組織における自己点検・評価の促進及び啓発、結果の取りまとめ等を担います。
また、これらの一連の取組み、すなわち本学における内部質保証システムが適切に機能しているかを点検・評価するために、定期的に外部評価を受審することとしています。

1. 内部質保証の方針

本学における内部質保証の方針は以下のとおりです。

建学の精神・教育研究理念をはじめとする理念・目的、各種方針等に基づいて、教育研究活動その他大学の諸活動を自己点検・評価したうえで、その結果を検証して改善に結び付けることにより、教育研究の質を継続的に向上させる。(以下「PDCAサイクル」という。)
また、このPDCAサイクルを実質化するとともに、サイクル自体の適切性についても定期的に検証することによって、本学の教育研究活動の組織的・継続的な改善に結びつける。

2. 東京理科大学内部質保証推進規程

「東京理科大学内部質保証推進規程」(2018年12月1日施行)を定めています。

3. 内部質保証の構成

4. 外部評価

内部質保証システムを監理するため、定期的に外部評価を受審することとしています。

5. 大学質保証推進委員会

6. 自己点検・評価委員会

自己点検・評価の実施を担う組織として、自己点検・評価委員会を設置しています。

7. 情報公表

学校教育法施行規則等の一部を改正する省令(2010年文部科学省令第15号)に基づき、教育研究活動等の情報を公開しています。

ページのトップへ