自己点検・評価及び改善活動

本学は毎年、諸活動についての自己点検・評価を行い、その結果をもとに教育研究活動、管理運営等の改善・改革に努めています。
その中心的な役割を担う組織である自己点検・評価委員会のもと、本学及び本学を構成する各部局(学部・研究科、機構等)は自己点検・評価活動を行い、その結果は東京理科大学自己点検・評価報告書としてまとめ公表します。
さらに、自己点検・評価の結果顕在化した改善を要する事項については、各部局は自らが立てた改善計画を基に改善活動を行い、大学全体で共有します。
これら一連の活動を通じて、本学の長所・特色や改善を要する点等がより明らかになり、本学の教育研究活動の検証を通じた改善により、PDCAサイクルを適切に展開するよう努めています。

1. 2018年度 自己点検・評価報告書

2018年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

2. 2017年度 自己点検・評価報告書

2017年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

3. 2016年度 自己点検・評価報告書

2016年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

4. 2015年度 自己点検・評価報告書

2015年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

5. 2014年度 自己点検・評価報告書

2014年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

6. 2013年度 自己点検・評価報告書

7. 2012年度 自己点検・評価報告書

2012年度に実施した自己点検・評価報告を以下に掲示します。

8. 2011年度 自己点検・評価報告書

ページのトップへ