教職課程 介護等の体験

介護等の体験

介護等の体験とは何か。
中学校教諭一種免許状取得に必要な条件です。
18歳に達した後の特別支援学校における2日間及び社会福祉施設等における5日間の、障害者、高齢者等に対する介護、介助、交流、その他の体験を行うことです。
介護等の体験を行う手続きはどうすればよいか。
学内で行われるガイダンスがありますので、このガイダンスに出席してください。
このガイダンスに出席しないと、当該年度の介護等の体験は受けられません。
介護等の体験は、いつ行うのか?
体験を行う特別支援学校、社会福祉施設により、個々のプログラムが組まれますので、申込者によって異なります。
介護等の体験は、単位になるか?
なりません。
介護等の体験費は必要か?
介護等の体験費として、10,260円(東京都)、7,500円(千葉県)がかかります。
介護等の体験を行うための条件はありますか?
介護等の体験を行うには、「教職概論」及び「特別支援教育論」の単位修得が前提条件となります。
また、「教育実習1」及び「教育実習2」を履修する年度と同一年度に介護等の体験を行うことはできません。

ページのトップへ